2010年ウインブルドン準優勝者のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)が、背中の故障を理由に、このグラスコートのグランドスラム大会を欠場すること決めた。

 ここ数ヵ月、ベルディヒは背中の故障に苦しめられていると説明しつつ、ウインブルドン棄権の決断をツイッターを通して発表した。

 世界ランク19位のベルディヒは、8年前、ウインブルドン決勝でラファエル・ナダル(スペイン)に敗れた。彼はまた、ここ2年、ウインブルドンでベスト4に至っていた。

 ベルディヒは、様々な背中の治療を試したが、大会で戦えるほどいい状態に至っていないと説明した。

 ウインブルドンのドロー抽選は金曜日に行われ、大会は来週始まる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)
LONDON, ENGLAND - JUNE 19: Tomas Berdych of The Czech Republic reacts during his match against Julien Benneteau of France on Day Two of the Fever-Tree Championships at Queens Club on June 19, 2018 in London, United Kingdom. (Photo by Steve Bardens/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.