イギリス・イーストボーンで開催されている「ネイチャーバレー国際」(ATP250/6月25~30日/賞金総額72万1085ドル/グラスコート)の男子シングルス1回戦で、第5シードのレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)がジル・シモン(フランス)を6-4 7-6(4)で破り、2回戦に駒を進めた。

 メイヤーは、シモンが4つのセットポイントをセーブした長い最終ゲームで2度目のブレークを果たし、第1セットを奪った。

 第2セットは、いっそう競ったものとなったが、合計7本のサービスエースを決めたメイヤーが、タイブレークを経て最終的に勝者となった。

 第7シードのスティーブ・ジョンソン(アメリカ)もまた、ダニール・メドべデフ(ロシア)を6-2 6-4で下し、2回戦に進んだ。

 今大会の第1シードはディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)、第2シードはカイル・エドマンド(イギリス)、第3シードはデニス・シャポバロフ(カナダ)、第4シードはマルコ・チェッキナート(イタリア)で、いずれも1回戦がBYE(免除)で2回戦が初戦となる。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はレオナルド・メイヤー(アルゼンチン)
EASTBOURNE, ENGLAND - JUNE 26: Leonardo Mayer of Argentina in action against Gilles Simon of France during day five of the Nature Valley International at Devonshire Park on June 26, 2018 in Eastbourne, United Kingdom. (Photo by Bryn Lennon/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.