今年3大会目のグランドスラム「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男女シングルスのシード選手が発表され、男子で世界ランキング27位(6月25日付)の錦織圭(日清食品)は第25シードで大会に臨むことになった。

 ウインブルドンに9年連続10回目の出場となる錦織は、過去2度のベスト16がこれまでの最高成績。昨年は3回戦で、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に4-6 6-7(3) 6-3 3-6で敗れていた。

 男子のトップシードは前年覇者で9度目の優勝を狙うロジャー・フェデラー(スイス)、フレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)で11度目の優勝を果たしたラファエル・ナダル(スペイン)が第2シード、前年の準優勝者で前哨戦のロンドン(ATP500/グラスコート)でタイトルを獲得したマリン・チリッチ(クロアチア)が第3シード、21歳のアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)は第4シードとなった。

 ランキング上位では、2010年の準優勝者で前年ベスト4のトマーシュ・ベルディヒ(チェコ)が出場を見送っている。

 ドロー抽選は29日(金)に行われる予定となっている。

男子シングルス|シード選手

1 ロジャー・フェデラー(スイス)
2 ラファエル・ナダル(スペイン)
3 マリン・チリッチ(クロアチア)
4 アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

5 フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)
6 グリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)
7 ドミニク・ティーム(オーストリア)
8 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)

9 ジョン・イズナー(アメリカ)
10 ダビド・ゴファン(ベルギー)
11 サム・クエリー(アメリカ)
12 ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

13 ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
14 ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)
15 ディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)
16 ニック・キリオス(オーストラリア)

17 ボルナ・チョリッチ(クロアチア)
18 ルカ・プイユ(フランス)
19 ジャック・ソック(アメリカ)
20 ファビオ・フォニーニ(イタリア)

21 パブロ・カレーニョ ブスタ(スペイン)
22 カイル・エドマンド(イギリス)
23 アドリアン・マナリノ(フランス)
24 リシャール・ガスケ(フランス)

25 錦織圭(日本/日清食品)
26 チョン・ヒョン(韓国)
27 フィリップ・コールシュライバー(ドイツ)
28 デニス・シャポバロフ(カナダ)

29 ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
30 フィリップ・クライノビッチ(セルビア)
31 マルコ・チェッキナート(イタリア)
32 フェルナンド・ベルダスコ(スペイン)

※写真はハレの大会の記者会見での錦織圭(日清食品)
HALLE, GERMANY - JUNE 18: Kei Nishikori of Japan speaks at the press conference after his match against Matthias Bachinger of Germany during day 1 of the Gerry Weber Open at Gerry Weber Stadium on June 18, 2018 in Halle, Germany. (Photo by Thomas Starke/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.