イギリス・イーストボーンで開催された「ネイチャーバレー国際」(ATP250/6月25~30日/賞金総額72万1085ドル/グラスコート)の男子シングルス決勝で、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)がルーカス・ラッコ(スロバキア)を6-4 6-4で下し、ATPツアーでキャリア初のタイトルを勝ち獲った。

 ズベレフは、4度目のサービスエースで勝利をものにした

 3度目のツアー決勝で、ついにタイトルを獲得したズベレフは、「すごくうれしい。ついに適切なサーフェスで決勝に至ることができた。グラスコートは僕の得意なサーフェス。ついに証明することができて本当にうれしいよ」と話した。ズベレフは昨今では稀な、生粋のサーブ&ボレーヤーだ。

 30歳で初タイトルと獲ったことを指摘されると、ズベレフは「ロジャー(フェデラー)を見ていると、希望を持てるよ」とにっこり。

「数年前、ランキングを落としていたときに、タイトルを獲らないまま引退したくないと思った。だからここで優勝できたのは、本当に素晴らしいことだ」と続けた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はミーシャ・ズベレフ(ドイツ)
EASTBOURNE, ENGLAND - JUNE 30: Mischa Zverev of Germany celebrates winning his mens singles final against Lukas Lacko of Slovakia during Day Nine of the Nature Valley International at Devonshire Park on June 30, 2018 in Eastbourne, United Kingdom. (Photo by Charlie Crowhurst/Getty Images for LTA)

This article is a sponsored article by
''.