「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の女子シングルス1回戦で、第2シードのカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)がバルバラ・レプチェンコ(アメリカ)を6-0 6-3で下し、初戦を突破した。試合時間は59分。

 ウインブルドンに12年連続出場となるウォズニアッキは、過去6度のベスト16(2009年~11年、14年~15年、17年)がこれまでの最高成績。昨年は4回戦で、ココ・バンダウェイ(アメリカ)に6-7(4) 4-6で敗れていた。今年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で初のグランドスラム制覇を果たし、前週のイーストボーン(WTAプレミア/グラスコート)では9年ぶりの優勝を飾って今大会を迎えている。

 ウォズニアッキは2回戦で、ペトラ・マルティッチ(クロアチア)を7-6(0) 2-6 6-3で破って勝ち上がったエカテリーナ・マカロワ(ロシア)と対戦する。

 そのほかの試合では、第9シードのビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)、第20シードのキキ・バーテンズ(オランダ)、第25シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)、レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)、元世界1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)、アンナ・ブリンコバ(ロシア)、マディソン・ブレングル(アメリカ)、ワイルドカード(主催者推薦枠)のケイティ・スワン(イギリス)が2回戦に駒を進めた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

女子シングルス1回戦|主な試合結果

○68ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)7-6(4) 6-3 ●67エカテリーナ・アレクサンドロバ(ロシア)

○70ケイティ・スワン(イギリス)[WC] 6-2 6-2 ●69イリナ カメリア・ベグ(ルーマニア)

○73キキ・バーテンズ(オランダ)[20] 6-3 6-2 ●74バーボラ・ステフコバ(チェコ)[Q]

○76アンナ・ブリンコバ(ロシア)6-7(4) 6-4 6-4 ●75ワン・ヤファン(中国)

○80ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)[9] 6-7(3) 6-2 6-1 ●79ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)

------

○94レベッカ・ピーターソン(スウェーデン)7-6(3) 7-6(9) ●93ビクトリア・クズモバ(スロバキア)

○104セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[25] 7-5 6-3 ●103アランチャ・ラス(オランダ)

○118マディソン・ブレングル(アメリカ)2-6 6-3 6-3 ●117アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)

○126エカテリーナ・マカロワ(ロシア)7-6(0) 2-6 6-3 ●125ペトラ・マルティッチ(クロアチア)

○128カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)[2] 6-0 6-3 ●127バルバラ・レプチェンコ(アメリカ)

※写真はカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)
LONDON, ENGLAND - JULY 02: Caroline Wozniacki of Denmark returns a shot against Varvara Lepchenko of the United States during their Ladies' Singles first round match on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 2, 2018 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.