「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス3回戦で、第24シードの錦織圭(日清食品)が第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)と対戦し、第1セットは錦織が6-1で先取した。

 両者の過去の対戦成績は、錦織の3戦全勝。前回の対戦は2016年5月のマドリッド(ATP1000/クレーコート)の準々決勝で、錦織が6-7(6) 7-6(1) 6-3で勝っていた。キリオスは、2014年にウインブルドンで8強入りした実績を持っている。グラスコートでの対戦は、今回が初となる。

 ウインブルドンに9年連続10回目の出場となる錦織は、過去2度のベスト16(2014年、16年)がこれまでの最高成績。昨年は3回戦で、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に4-6 6-7(3) 6-3 3-6で敗れている。

 今大会での錦織は、1回戦で予選勝者のクリスチャン・ハリソン(アメリカ)を6-2 4-6 7-6(3) 6-2で、2回戦ではラッキールーザーのバーナード・トミック(オーストラリア)を2-6 6-3 7-6(7) 7-5で破って勝ち上がっていた。

 この試合の勝者は4回戦で、予選勝者のエルネスツ・グルビス(ラトビア)と対戦する。グルビスは3回戦で、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)を7-6(2) 4-6 5-7 6-3 6-0で下しての勝ち上がり。

 昨シーズンを5位でスタートした錦織は、8月のシンシナティ(ATP1000/ハードコート)で大会前の練習中に右手首を負傷して戦線を離脱。1月のニューポートビーチ(ATPチャレンジャー/15万ドル/ハードコート)で公式戦復帰を果たし、翌週のダラス(ATPチャレンジャー/12.5万ドル/室内ハードコート)で今季初タイトルを獲得した。今大会は、復帰後のグランドスラム2戦目となる。

※写真は錦織圭(日清食品/右)とニック・キリオス(オーストラリア/左)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.