「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス3回戦で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)がアレックス・デミノー(オーストラリア)を6-1 6-2 6-4で下し、ベスト16に進出した。試合時間は2時間2分。

 ウインブルドンに2年連続13回目の出場となるナダルは、2008年と10年にタイトルを獲得。昨年は4回戦で、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)に3-6 4-6 6-3 6-4 13-15で敗れていた。6月のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)では決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)を破り、11度目の優勝を果たした。

 ナダルは4回戦で、第19シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)を7-6(4) 3-6 6-3 6-2で破ったイリ・ベセリ(チェコ)と対戦する。

 そのほかの試合では、第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)がブノワ・ペール(フランス)を6-4 7-6(4) 6-3で、ジル・シモン(フランス)はマシュー・エブデン(オーストラリア)を6-1 6-7(3) 6-3 7-6(2)で破り、勝ち上がった両者の4回戦での対戦が決まった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

男子シングルス3回戦|主な試合結果

○97フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[5] 6-4 7-6(4) 6-3 ●101ブノワ・ペール(フランス)

○107ジル・シモン(フランス)6-1 6-7(3) 6-3 7-6(2) ●111マシュー・エブデン(オーストラリア)

○115イリ・ベセリ(チェコ)7-6(4) 3-6 6-3 6-2 ●120ファビオ・フォニーニ(イタリア)[19]

○128ラファエル・ナダル(スペイン)[2] 6-1 6-2 6-4 ●122アレックス・デミノー(オーストラリア)

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)
LONDON, ENGLAND - JULY 07: Rafael Nadal of Spain returns a shot against Alex De Minaur of Australia during their Men's Singles third round match on day six of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2018 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.