「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の女子シングルス3回戦で、第11シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)が第18シードの大坂なおみ(日清食品)を6-2 6-4で下し、ベスト16に進出した。試合時間は1時間3分。

 ウインブルドンに9年連続11回目の出場となるケルバーは、2016年に自己最高の準優勝を果たしている。昨年は4回戦で、ガルビネ・ムグルッサ(スペイン)に6-4 4-6 4-6で敗れていた。

 ケルバーは4回戦で、第27シードのカルラ・スアレス ナバロ(スペイン)を6-1 7-6(3)で破って勝ち上がったベリンダ・ベンチッチ(スイス)と対戦する。

 また、この日は第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)がシェイ・スーウェイ(台湾)に6-3 4-6 5-7で敗れる波乱があった。この結果で女子のトップ4シードが全滅となり、上位10シードでは第7シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)が唯一の勝ち残りとなった。

 そのほかの試合では、アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)が第26シードのダリア・ガブリロワ(オーストラリア)を6-3 6-1で倒して16強入りを決めている。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

女子シングルス3回戦|主な試合結果

○7シェイ・スーウェイ(台湾)3-6 6-4 7-5 ●1シモナ・ハレプ(ルーマニア)[1]

○31アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)6-3 6-1 ●25ダリア・ガブリロワ(オーストラリア)[26]

○49アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[11] 6-2 6-4 ●56大坂なおみ(日本/日清食品)[18]

○63ベリンダ・ベンチッチ(スイス)6-1 7-6(3) ●57カルラ・スアレス ナバロ(スペイン)[27]

※写真はアンジェリック・ケルバー(ドイツ)
LONDON, ENGLAND - JULY 07: Angelique Kerber of Germany returns against Naomi Osaka of Japan during their Ladies' Singles third round match on day six of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 7, 2018 in London, England. (Photo by Matthew Lewis/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.