「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の大会6日目はジュニアの部本戦が始まり、男女シングルス1回戦が行われた。

 女子の日本勢は、内藤祐希(TEAM YONEZAWA)、佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)、予選を勝ち上がった永田杏里(南山高等学校女子部)の3人がシングルスに出場。内藤が第9シード、佐藤は第12シードとなった。

 この日は佐藤が1回戦に臨み、アンドレア・プリサカリウ(ルーマニア)を6-4 4-6 6-3で下して初戦を突破した。試合時間は2時間3分。

 佐藤は2回戦で、カミラ・ラヒモワ(ロシア)と予選を勝ち上がったジョアン・ズガー(スイス)の勝者と対戦する。

 グランドスラム・ジュニアの本戦に7大会連続出場となる佐藤は、今年の全豪でのベスト8が最高成績。昨年のウインブルドンでは、初戦敗退に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

ジュニア女子シングルス1回戦|日本人選手

○25佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)[12] 6-4 4-6 6-3 ●26アンドレア・プリサカリウ(ルーマニア)

ジュニア女子シングルス1回戦 組み合わせ|日本人選手

56内藤祐希(TEAM YONEZAWA)[9] vs 55ハリケーン タイラ・ブラック(アメリカ)

63永田杏里(南山高等学校女子部)[Q] vs 64リャン・エンシュオ(台湾)[2]

※写真は佐藤南帆(有明ジュニアテニスアカデミー)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.