2週目が始まる月曜日のウインブルドン(7月2~15日/イギリス・ロンドン/賞金総額3400万ポンド/グラスコート)は、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)、さらに錦織圭(日清食品)やセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がプレーする。

 ウインブルドンならではの2週目・月曜日は、忙しいものになることが保証されている。というのも16人の男子と16人の女子のシングルス4回戦が1日で行われる唯一のグランドスラム大会なのだ。

 ウインブルドンで9度目の優勝とグランドスラム合計21番目のタイトルを目指す第1シードのフェデラーが第22シードのアドリアン・マナリノ(フランス)に対し、センターコートで先陣を切る。

 マナリノはこれまで、どのグランドスラム大会でも準々決勝に進出したことがない。一方のフェデラーにとってベスト8は52回目だ。

 この対戦を不釣り合いに見せるもうひとつの統計は、フェデラーの5勝0敗、プレーした13セットのうち12セットを取るという、マナリノに対する過去の対戦成績だ。フェデラーは今回のウインブルドンでまだ1セットも落としていないだけでなく、まだ一度も相手にブレークポイントを許していない。

 一方のマナリノは、リターンゲームで手にした29のブレークポイントのうち19をものにしており、これは勝ち残っている選手の中で、最高の確率となっている。

 ウインブルドンで2度優勝している第2シードのナダルは、世界ランク93位のイリ・ベセリ(チェコ)に対する試合で、2011年以来の準々決勝進出を果たそうと努めることになる。

 過去に3度ウインブルドンで優勝している第12シードのジョコビッチは、40位のパワフルな若手、カレン・ハチャノフ(ロシア)と対戦する。

 そして、第24シードの錦織は9年連続10回目の出場となるウインブルドンで、3度目のベスト16(2014年、2016年、2018年)に入り、次の4回戦で元トップ10で予選勝者のエルネスツ・グルビス(ラトビア)と対戦する。もしグルビスを倒すと、初の8強入りだ。

 錦織はこれまでに、2012年、2015年、2016年オーストラリアン・オープンと2015年、2017年フレンチ・オープンでベスト8、2014年USオープンで準優勝している(2016年USオープン・ベスト4の成績もある)。

 セレナは、フェデラーに次いでセンターコートに入り、予選を勝ち上がった120位のエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)と対戦する。彼女たちは、出だしにはシングルス・ドローに6人ほどいた“母親プレーヤー”たちの中で勝ち残った最後の2人だ。セレナはまた、女子のドローで勝ち残っている唯一の元ウインブルドン・チャンピオンでもある。

 番狂わせが多発した1週目のあと、トップ10女子の中で生き残っているのは第7シードのカロリーナ・プリスコバ(チェコ)だけだ。2016年USオープン準優勝者のプリスコバは、キキ・バーテンズ(オランダ)に対して2番コートでこの日の最初の試合を戦う。バーテンズは3回戦で、ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)を下して勝ち上がっていた。

※以下の表示はドローの上から、 [ ] 数字はシード順位、Q=予選勝者

月曜日の男子シングルス4回戦

ロジャー・フェデラー(スイス)[1] vs アドリアン・マナリノ(フランス)[22]

ガエル・モンフィス(フランス)vs ケビン・アンダーソン(南アフリカ)[8]

マッケンジー・マクドナルド(アメリカ)vs ミロシュ・ラオニッチ(カナダ)[13]

ジョン・イズナー(アメリカ)[9] vs ステファノス・チチパス(ギリシャ)[31]

----------

カレン・ハチャノフ(ロシア)vs ノバク・ジョコビッチ(セルビア)[12]

錦織圭(日本/日清食品)[24] vs エルネスツ・グルビス(ラトビア)[Q]

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[5] vs ジル・シモン(フランス)

イリ・ベセリ(チェコ)vs ラファエル・ナダル(スペイン)[2]

月曜日の女子シングルス4回戦

シェイ・スーウェイ(台湾)vs ドミニカ・チブルコバ(スロバキア)

エレナ・オスタペンコ(ラトビア)[12] vs アリャクサンドラ・サスノビッチ(ベラルーシ)

アリソン・バンウィトバンク(ベルギー)vs ダリア・カサキナ(ロシア)[14]

アンジェリック・ケルバー(ドイツ)[11] vs べリンダ・ベンチッチ(スイス)

----------

カロリーナ・プリスコバ(チェコ)[7] vs キキ・バーテンズ(オランダ)[20]

ユリア・ゲルゲス(ドイツ)[13] vs ドナ・ベキッチ(クロアチア)

セレナ・ウイリアムズ(アメリカ)[25] vs エフゲニヤ・ロディナ(ロシア)[Q]

カミラ・ジョルジ(イタリア)vs エカテリナ・マカロワ(ロシア)

月曜日の天気予報

晴れ、最高29度

気になるスタッツ(統計)

「67」-----ウインブルドンでフェデラーが連続で獲得しているサービスゲ―ムの数。この連取記録は昨年のウインブルドンから続いている。

気になるコメント

「ここではビッグサーブの持ち主でないと、安全とは感じられない」----ナダル
 
(C)AP(テニスマガジン)

※トップ写真は錦織圭(日清食品)(撮影◎小山真司)

This article is a sponsored article by
''.