「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の女子シングルス4回戦で、第25シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)が予選勝者のエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)を6-2 6-2で退け、ベスト8に進出した。試合時間は1時間2分。

  ウインブルドンに2年ぶり18回目の出場となるセレナは、過去7度(2002年~03年、09年~10年、12年、15年~16年)の優勝経験がある。前回プレーした2016年は決勝でアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を7-5 6-3で破り、大会連覇を果たしていた。

  両者は今回が初対戦。昨年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で23度目のグランドスラム制覇を果たしたあと、セレナは出産のために約14ヵ月間ツアーを離脱。今季ここまで3大会に出場し、5勝3敗の戦績で今大会を迎えていた。

  今大会でのセレナは、1回戦でアランチャ・ラス(オランダ)を7-5 6-3で、2回戦で予選勝者のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)を6-1 6-4で、3回戦ではクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)に7-5 7-6(2)で破って16強入りを決めていた。

  セレナは準々決勝で、カミラ・ジョルジ(イタリア)と対戦する。ジョルジは4回戦で、エカテリーナ・マカロワ(ロシア)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真はセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)
LONDON, ENGLAND - JULY 09: Serena Williams of the United States serves against Evgeniya Rodina of Russia during their Ladies' Singles fourth round match on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 9, 2018 in London, England. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.