「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス4回戦で、第13シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)がマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)を6-3 6-4 6-7(5) 6-2で倒し、ベスト8に進出した。試合時間は2時間31分。

  ウインブルドンに8年連続出場となるラオニッチは、2016年にグランドスラム自己最高の準優勝。昨年は準々決勝で、ロジャー・フェデラー(スイス)に4-6 2-6 6-7(4)で敗れていた。

  今大会でのラオニッチは、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のリアム・ブローディ(イギリス)を7-5 6-0 6-1で、2回戦でジョン・ミルマン(オーストラリア)を7-6(4) 7-6(4) 7-6(4)で、3回戦では予選勝者のデニス・ノバク(オーストリア)を7-6(5) 4-6 7-5 6-2で破って16強入りを決めていた。

  ラオニッチは準々決勝で、第9シードのジョン・イズナー(アメリカ)と対戦する。イズナーは4回戦で、第31シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)を6-4 7-6(8) 7-6(4)で下しての勝ち上がり。

※写真はミロシュ・ラオニッチ(カナダ)
LONDON, ENGLAND - JULY 09: Milos Raonic of Canada plays a backhand against Mackenzie McDonald of the United States during their Men's Singles fourth round match on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 9, 2018 in London, England. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.