「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス4回戦で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)がイリ・ベセリ(チェコ)を6-3 6-3 6-4で下し、ベスト8に進出した。試合時間は1時間53分。

 ウインブルドンに2年連続13回目の出場となるナダルは、2008年と10年にタイトルを獲得。昨年は4回戦で、ジル・ミュラー(ルクセンブルク)に3-6 4-6 6-3 6-4 13-15で敗れていた。6月のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)では決勝でドミニク・ティーム(オーストリア)を破り、11度目の優勝を果たした。

 今大会でのナダルは、1回戦でデュディ・セラ(イスラエル)を6-3 6-3 6-2で、2回戦でミカエル・ククシュキン(カザフスタン)を6-4 6-3 6-4で、3回戦ではアレックス・デミノー(オーストラリア)を6-1 6-2 6-4で破って16強入りを決めていた。

 ナダルは準々決勝で、第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)とジル・シモン(フランス)の勝者と対戦する。

※写真はラファエル・ナダル(スペイン)
LONDON, ENGLAND - JULY 09: Rafael Nadal of Spain plays a backhand against Jiri Vesely of the Czech Republic during their Men's Singles fourth round match on day seven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 9, 2018 in London, England. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.