「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス4回戦で、第5シードのフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)がジル・シモン(フランス)を7-6(1) 7-6(5) 5-7 7-6(5)で倒し、ベスト8に進出した。試合時間は4時間24分。

 この試合は前日に行われていたが、第3セット終了後に日没順延となっていた。

 ウインブルドンに3年連続9回目の出場となるデル ポトロは、2013年のベスト4がこれまでの最高成績。昨年は2回戦で、エルネスツ・グルビス(ラトビア)に4-6 4-6 6-7(3)で敗れていた。今シーズンは3月にインディアンウェルズ(ATP1000/ハードコート)でマスターズ初タイトルを獲得し、6月のフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)では9年ぶりの4強入りを果たしている。

  この結果でデル ポトロは、シモンとの対戦成績を5勝3敗とした。グラスコートでの対戦は4度目だったが、すべてデル ポトロの勝利となった。

  今大会でのデル ポトロは、1回戦でペーター・ゴヨブチック(ドイツ)を6-3 6-4 6-3で、2回戦でフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を6-4 6-1 6-2で、3回戦ではブノワ・ペール(フランス)を6-4 7-6(4) 6-3で破って16強入りを決めていた。

  デル ポトロは準々決勝で、第2シードのラファエル・ナダル(スペイン)と対戦する。ナダルは4回戦で、イリ・ベセリ(チェコ)を6-3 6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真はフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)
LONDON, ENGLAND - JULY 10: Juan Martin Del Potro of Argentina plays a forehand against Gilles Simon of France during their Men's Singles fourth round match on day eight of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 10, 2018 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.