こんにちは、フェローズスポーツの大岡広明です。

 今回もまた、フェローズが取り入れている上達屋考案の『テニスアスリート体操』を行うことによって、ボレーの反応速度がどう変化するかを三浦コーチと試してみました。

 今回は、身体の正面付近にきたボールに対しての身のこなし(と、そこからのボレー)を検証してみました。

①まず、何も(アスリート体操)やらずに、いつも通り普通に打ちます。

②次にアスリート体操をいくつかやってみます。ここではエアツイスト、反射伸開脚です。

③もう一度、①と同じようにボールを打ってみます。

画像: 続・ボレー編 www.youtube.com

続・ボレー編

www.youtube.com

 いかがでしょうか…!? 変化をご覧いただけましたか?

 BEFOREでは、身体の近くにきたボールに対して、ボールから十分に離れることができず、差し込まれながら窮屈そうに打っていることがわかります。

 それに対してAFTERでは、身体の近くにきたボールに対して、ボールをしっかりと避けながら打っているので、ボールを押し込み、強く打てています。

 どちらのほうが身のこなしがあるように見えますか? そこが重要。一目瞭然ですね。

 やはり『テニスアスリート体操』を行うことによって、骨盤からの下半身の動きがよりスムーズに、よりシャープになり、足さばきが速くなり、結果として、反射スピードが上がったのではないかと考えます。

 みなさんも、ぜひぜひ試してみてください~♪

This article is a sponsored article by
''.