「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)のジュニア男子シングルス2回戦で、市川泰誠(A&F)はキャノン・キングスリー(アメリカ)に4-6 6-1 1-6で敗れた。試合時間は1時間9分。

 ウインブルドン・ジュニアに2年連続出場となった市川は、予選2試合を勝ち抜き初の本戦入り。昨年は予選1回戦で敗れていた。グランドスラム・ジュニアでは1月の全豪に続いて2回戦で敗れ、初の16強入りはならなかった。

 ダブルスでは、リンキー・ヒジカタ(オーストラリア)/田島尚輝(TEAM YONEZAWA)がフィリップ クリスティアン・ジアヌ(ルーマニア)/チアゴ アグスティン・ティランテ(アルゼンチン)を7-6(0) 6-4で下して初戦を突破したが、イゴール・ヒメネス(ブラジル)/市川はイェスパー・デ ヨング(オランダ)/ダミアン・ウェンガー(スイス)に6-3 3-6 4-6で敗れた。

 ヒジカタ/田島は2回戦で、第1シードのホー・レイ/ツェン・チュンシン(ともに台湾)と対戦する。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者

ジュニア男子シングルス2回戦|日本人選手

●54市川泰誠(A&F)[Q] 4-6 6-1 1-6 ○55キャノン・キングスリー(アメリカ)

ジュニア男子ダブルス1回戦|日本人選手

○4リンキー・ヒジカタ/田島尚輝(オーストラリア/TEAM YONEZAWA)7-6(0) 6-4 ●3フィリップ クリスティアン・ジアヌ/チアゴ アグスティン・ティランテ(ルーマニア/アルゼンチン)

●29イゴール・ヒメネス/市川泰誠(ブラジル/A&F)6-3 3-6 4-6 ○30イェスパー・デ ヨング/ダミアン・ウェンガー(オランダ/スイス)

ジュニア男子ダブルス2回戦 組み合わせ|日本人選手

4リンキー・ヒジカタ/田島尚輝(オーストラリア/TEAM YONEZAWA)vs 1ホー・レイ/ツェン・チュンシン(台湾)[1]

画像: イゴール・ヒメネス(左)/市川泰誠

イゴール・ヒメネス(左)/市川泰誠

※トップ写真はシングルス1回戦での市川泰誠(A&F)
撮影◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.