「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス準々決勝で、第24シードの錦織圭(日清食品)が第12シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)と対戦。第1セットを3-6で落とした錦織が第2セットを6-3で取り返し、セットカウント1-1のタイに追いついた。

 両者の過去の対戦成績は、ジョコビッチが13勝2敗でリード。今シーズンは5月にクレーコートのATPマスターズ1000の大会で2度対戦しており、マドリッドの1回戦は7-5 6-4で、ローマの準々決勝では2-6 6-1 6-3で、いずれもジョコビッチが勝っていた。錦織が最後にジョコビッチを倒したのは2014年のUSオープン(アメリカ・ニューヨーク/ハードコート)で、それ以降は現在12連敗中となっている。グラスコートでの対戦は、今回が初となる。

 ウインブルドンに9年連続10回目の出場となる錦織は、過去2度のベスト16(2014年、16年)がこれまでの最高成績だった。昨年は3回戦で、ロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)に4-6 6-7(3) 6-3 3-6で敗れていた。

 今大会での錦織は、1回戦で予選勝者のクリスチャン・ハリソン(アメリカ)を6-2 4-6 7-6(3) 6-2で、2回戦でラッキールーザーのバーナード・トミック(オーストラリア)を2-6 6-3 7-6(7) 7-5で、3回戦で第15シードのニック・キリオス(オーストラリア)を6-1 7-6(3) 6-4で、4回戦では元トップ10選手で予選勝者のエルネスツ・グルビス(ラトビア)を4-6 7-6(5) 7-6(10) 6-1で破って初の8強入りを決めていた。

 昨シーズンを5位でスタートした錦織は、8月のシンシナティ(ATP1000/ハードコート)で大会前の練習中に右手首を負傷して戦線を離脱。1月のニューポートビーチ(ATPチャレンジャー/15万ドル/ハードコート)で公式戦復帰を果たし、翌週のダラス(ATPチャレンジャー/12.5万ドル/室内ハードコート)で今季初タイトルを獲得した。今大会は、復帰後のグランドスラム2戦目となる。

※写真は錦織圭(日清食品)
LONDON, ENGLAND - JULY 11: Kei Nishikori of Japan plays a backhand against Novak Djokovic of Serbia during their Men's Singles Quarter-Finals match on day nine of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 11, 2018 in London, England. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.