「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の大会12日目はジュニアの部の女子シングルス準決勝が行われ、ノーシードのイガ・シフィオンテク(ポーランド)と予選勝者のレオニー・キュング(スイス)が決勝進出を決めた。

 シフィオンテクが第4シードのワン・シンユー(中国)を7-5 7-6(1)で、キュングは第10シードのワン・シユ(中国)を6-4 6-7(6) 6-3で破っての勝ち上がり。

 ダブルスは準々決勝が行われ、第1シードのワン/ワン、第2シードのキャティ・マクナリー/ホイットニー・オシグウェ(ともにアメリカ)、第4シードのマリア ルルデス・カルレ(アルゼンチン)/コリ・ガウフ(アメリカ)、ダレイナ・ヒューイット/ペイトン・スターンズ(ともにアメリカ)がベスト4に勝ち進んでいる。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

ジュニア女子シングルス準決勝

○2イガ・シフィオンテク(ポーランド)7-5 7-6(1) ●17ワン・シンユー(中国)[4]

○50レオニー・キュング(スイス)[Q] 6-4 6-7(6) 6-3 ●40ワン・シユ(中国)[10]

ジュニア女子ダブルス準々決勝

○1ワン・シンユー/ワン・シユ(中国)[1] 6-4 6-2 ●8ガーランド・ジョアンナ/リャン・エンシュオ(台湾)[5]

○9マリア ルルデス・カルレ/コリ・ガウフ(アルゼンチン/アメリカ)[4] 7-5 6-3 ●13ビクトリア・アレン/デスティネ・マーティンス(イギリス)[WC]

○22ダレイナ・ヒューイット/ペイトン・スターンズ(アメリカ)6-3 7-5 ●17クララ・ブレル/ディアンヌ・パリー(フランス)[8]

○32キャティ・マクナリー/ホイットニー・オシグウェ(アメリカ)[2] 7-5 7-5 ●25ジョージア・ドラミー/アレクサ・ノエル(アイルランド/アメリカ)[7]

写真◎小山真司/テニスマガジン

This article is a sponsored article by
''.