イギリス・ロンドンで開催されている「ウインブルドン」(7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス準決勝。

 ケビン・アンダーソン(南アフリカ)が、永遠に終わらないかに見えた死闘に勝ち、ジョン・イズナー(アメリカ)が負けたと言うのは、あまりフェアではないように思える。

 彼らは、1877年に始まった大会の歴史で2番目に長かったこの試合の間、あくびが出るほど退屈なサービスキープに次ぐサービスキープの6時間半を通し、最終的にこの終わりなきサービスのマラソンが第5セット26-24で終わるまで、延々とプレーし続けた。アンダーソンが、569ポイントのうちもっとも重要なそれ――つまり最後のポイントをつかむその瞬間まで…。

 そんな訳で、アンダーソンはセンターコートをあとにしたとき、その7-6(6) 6-7(5) 6-7(9) 6-4 26-24の勝利が、自分に32歳にして初のグランドスラム・タイトルをもたらすかもしれないと自覚しつつも、「結局のところ、これは我々の間での引き分けだと感じている」とコメントした。

 彼はまた、こうも続けた。

「ジョンは本当にいいやつなんだ。彼の気持ちを思うと心が痛む。何故って、僕が反対の立場にいたなら、こうも長くプレーしてもう一歩のところで及ばなかった事実を、どう受け入れればいいのかわからないだろうから」

 ウインブルドンでこれより長かった試合は、たったひとつだけある。それは2010年の1回戦で、同じイズナーがニコラ・マウ(フランス)に勝ったテニス史上最長の試合だ。この試合は、3日間に渡って11時間5分をかけて行われ、18番コートで第5セット70-68で終わりを遂げた。今や18番コートには、この試合を記念したボードが取り付けられている。

 金曜日の5セットは、これほど長くはなかったが、それでも、この準決勝がテクニックよりスタミナのテストとなっていく中、3時間近くも続いたのだった。

「彼は非常にうまくこのレースに留まっていた」と第9シードで33歳のイズナーは言った。彼にとってこれは、初めてのグランドスラム大会準決勝だった。

「負けてしまい、ただただがっかりだ。グランドスラム大会決勝進出まであと一歩というところまで迫り、結局それが実現しなかったんだから」

 右利きのアンダーソンは、転んでから急いで立って左手で打ち返したポイントの助けもあり、必要不可欠なリードをもたらすブレークを果たした。

「あのポイントは間違いなく、僕の顔に笑みを運んでくるね」とアンダーソンは言った。

「あの段階では、ただただ各々すべてのポイントで戦おうと努めているから、僕は『ただ、起き上がるんだ!』という感じだったよ」

 第8シードのアンダーソンは水曜日の準々決勝で、ディフェンディング・チャンピオンのロジャー・フェデラー(スイス)を第5セット13-11で倒していた。その試合と、イズナーに対するへとへとに消耗させられるこの試合のあと、彼のグランドスラムでは2度目となる日曜日の決勝で、アンダーソンにどれほど活力が残っているか、想像するのが難しい。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はケビン・アンダーソン(南アフリカ/右)とジョン・イズナー(アメリカ/左)
LONDON, ENGLAND - JULY 13: John Isner of The United States (L) and Kevin Anderson of South Africa leave Centre Court after their Men's Singles semi-final match on day eleven of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 13, 2018 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.