ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「マレーシア F2 1.5万ドル ITF男子プロサーキット」(マレーシア・クアラルンプール/7月9~15日/賞金総額1.5万ドル/ハードコート)のシングルス決勝で、第6シードの田沼諒太(ワールド航空サービス)が第5シードのガブリエル・プティ(フランス)を6-1 6-1で下し、フューチャーズ大会での初優勝を果たした。試合時間は48分。

 今大会での田沼は、1回戦でアディル・カリヤンプール(インド)を6-2 6-4で、2回戦でコナー・ファレン(アメリカ)を7-5 6-0で破り、準々決勝は予選勝者のマルク・フォルネル メストレス(スペイン)が第2セット途中で棄権したため勝ち上がり、準決勝では第2シードのキム・チョンウィ(韓国)を7-6(2) 2-6 6-3で倒して決勝進出を決めていた。

 そのほかの日本勢は、守谷総一郎(あきやま病院)、井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)、白藤成(フリー)がシングルス本戦に出場。第8シードの守谷がベスト4、井藤と予選を勝ち上がった白藤は初戦敗退に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

日本人選手の結果

シングルス決勝

○17田沼諒太(ワールド航空サービス)[6] 6-1 6-1 ●16ガブリエル・プティ(フランス)[5]

シングルス準決勝

○17田沼諒太(ワールド航空サービス)[6] 7-6(2) 2-6 6-3 ●32キム・チョンウィ(韓国)[2]

●8守谷総一郎(あきやま病院)[8] 6-7(5) 6-0 3-6 ○16ガブリエル・プティ(フランス)[5]

シングルス準々決勝

○17田沼諒太(ワールド航空サービス)[6] 6-3 5-2 Ret. ●23マルク・フォルネル メストレス(スペイン)[Q]

○8守谷総一郎(あきやま病院)[8] 7-5 6-2 ●1ダビド・ペレス サンス(スペイン)[1]

シングルス2回戦

○17田沼諒太(ワールド航空サービス)[6] 7-5 6-0 ●19コナー・ファレン(アメリカ)

○8守谷総一郎(あきやま病院)[8] 6-4 7-5 ●6マイケル・ルック(オーストラリア)

シングルス1回戦

○17田沼諒太(ワールド航空サービス)[6] 6-2 6-4 ●18アディル・カリヤンプール(インド)

○8守谷総一郎(あきやま病院)[8] 6-2 6-0 ●7ムハンマド アビッド アリー カーン・アクバル(パキスタン)

●27井藤祐一(ライフ・エヌ・ピー)2-6 2-6 ○28Michail PERVOLARAKIS(キプロス)

●20白藤成(フリー)[Q] 7-6(7) 1-6 1-6 ○19コナー・ファレン(アメリカ)

ダブルス準々決勝

●13田沼諒太/ユー・チェンユー(ワールド航空サービス/台湾)不戦勝 ○16チャンドリル・スード/ラクシット・スード(インド)[2]

ダブルス1回戦

●5井藤祐一/守谷総一郎(ライフ・エヌ・ピー/あきやま病院)[4] 3-6 6-4 [6-10] ○6コナー・ファレン/Michail PERVOLARAKIS(アメリカ/キプロス)

○13田沼諒太/ユー・チェンユー(ワールド航空サービス/台湾)6-3 4-6 [12-10] ●14Nuttanon KADCHAPANAN/Jirat NAVASIRISOMBOON(タイ)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.