「第45回 九州ジュニアテニス選手権大会 兼 全日本ジュニアテニス選手権 九州地域予選」(宮崎県宮崎市・宮崎県総合運動公園テニスコート、宮崎市清武総合運動公園テニスコート/7月12~16日/砂入り人工芝コート)が開催され、18歳以下の優勝者が出揃った。

 男子シングルス決勝は第1シードの田口涼太郎(大分/大分舞鶴高)が第5シードの野田成佑(大分/大分舞鶴高)を6-1 6-2で、女子シングルス決勝は第6シードの草野京香(福岡/柳川高)が第2シードの牛尾成美(長崎/九州文化学園高)を7-6(1) 6-3で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は第1シードの井上隆也(大分/大分舞鶴高)/田口が其田怜/河内健(大分:大分舞鶴高)を6-3 6-3で、女子ダブルス決勝は佐藤有優/田上慧(鹿児島:鳳凰高)が第1シードの小池真優(福岡/柳川高)/草野を6-4 6-4で倒してタイトルを獲得。田口は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

上位の試合結果|18歳以下

男子シングルス決勝

○1田口涼太郎(大分/大分舞鶴高)[1] 6-1 6-2 ●17野田成佑(大分/大分舞鶴高)[5]

男子シングルス準決勝

○1田口涼太郎(大分/大分舞鶴高)[1] 6-2 6-4 ●16河内健(大分/大分舞鶴高)[6]

○17野田成佑(大分/大分舞鶴高)[5] WO ●32井上隆也(大分/大分舞鶴高)[2]

男子シングルス準々決勝

○1田口涼太郎(大分/大分舞鶴高)[1] 6-2 6-1 ●9森健太郎(福岡/筑陽学園高)

○16河内健(大分/大分舞鶴高)[6] 6-1 6-2 ●8其田怜(大分/大分舞鶴高)[4]

○17野田成佑(大分/大分舞鶴高)[5] 6-4 7-5 ●24森田凌矢(鹿児島/鳳凰高)[3]

○32井上隆也(大分/大分舞鶴高)[2] 7-6(6) 6-2 ●25稲田康太郎(大分/大分舞鶴高)

女子シングルス決勝

○16草野京香(福岡/柳川高)[6] 7-6(1) 6-3 ●32牛尾成美(長崎/九州文化学園高)[2]

女子シングルス準決勝

○16草野京香(福岡/柳川高)[6] 6-1 6-3 ●1坂本陽菜(宮崎/宮崎日大高)[1]

○32牛尾成美(長崎/九州文化学園高)[2] 6-1 6-1 ●24荒武芽菜(宮崎/宮崎商業高)[4]

女子シングルス準々決勝

○1坂本陽菜(宮崎/宮崎日大高)[1] 7-6(2) 6-4 ●8空久保果音(鹿児島/鳳凰高)

○16草野京香(福岡/柳川高)[6] 6-0 6-1 ●9前田優歩(沖縄/沖縄尚学高)[3]

○24荒武芽菜(宮崎/宮崎商業高)[4] 6-7(3) 6-3 6-2 ●20木庭千紘(熊本/熊本学園大付高)

○32牛尾成美(長崎/九州文化学園高)[2] 6-2 6-3 ●27平林夏帆(沖縄/沖縄尚学高)

男子ダブルス決勝

○1井上隆也/田口涼太郎(大分:大分舞鶴高)[1] 6-3 6-3 ●25其田怜/河内健(大分:大分舞鶴高)

男子ダブルス準決勝

○1井上隆也/田口涼太郎(大分:大分舞鶴高)[1] 6-3 6-1 ●9中留諒太/堤野真司(福岡:柳川高)

○25其田怜/河内健(大分:大分舞鶴高)2-6 6-2 [10-5] ●24甲斐光汰/藤浪巧(長崎:海星高)

女子ダブルス決勝

○24佐藤有優/田上慧(鹿児島:鳳凰高)6-4 6-4 ●1小池真優/草野京香(福岡:柳川高)[1]

女子ダブルス準決勝

○1小池真優/草野京香(福岡:柳川高)[1] 7-5 6-4 ●16坂本陽菜/荒武芽菜(宮崎:宮崎日大高/宮崎商業高)

○24佐藤有優/田上慧(鹿児島:鳳凰高)6-4 6-2 ●30岩熊花音/齋藤もも(福岡:柳川高)

※写真は18歳以下シングルス優勝の田口涼太郎(大分/大分舞鶴高:左)と草野京香(福岡/柳川高:右)
写真提供◎九州テニス協会

This article is a sponsored article by
''.