「平成30年度 北信越ジュニアテニス選手権大会(U14・U12)兼 ダンロップ 全日本ジュニアテニス選手権'18 supported by NISSHINBO 北信越地区予選大会」(石川県能美市・辰口丘陵公園テニスコート/7月14~17日/砂入り人工芝コート)が開催され、12歳以下の優勝者が出揃った。

 男子シングルス決勝は第5シードの水澤康生(新潟/上越グリーンITS)が第3シードの奥出悠貴(福井/今立TC)を6-4 6-2で、トップ2シードの対戦となった女子シングルス決勝は第2シードの畠さゆり(新潟/T&S新発田ITS)が第1シードの吉澤心咲(長野/エースTC)を6-2 6-3で下し、それぞれ優勝を飾った。

 男子ダブルス決勝は北川倖輔(福井/さかいジュニア)/奥出が第1シードの北林由伊/宮澤啓介(長野:NTA/m&mJTA)を6-4 6-2で、女子ダブルス決勝は第3シードの富樫七海(新潟/T&S新発田ITS)/畠が第4シードの内山結芽乃/畑川ひかり(新潟:新潟ジャンボITS)を7-6(6) 6-3で倒してタイトルを獲得。畠は単複2冠を達成した。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位

上位の試合結果|12歳以下

男子シングルス決勝

○25水澤康生(新潟/上越グリーンITS)[5] 6-4 6-2 ●9奥出悠貴(福井/今立TC)[3]

男子シングルス準決勝

○9奥出悠貴(福井/今立TC)[3] 6-2 6-3 ●1渡辺翔太(石川/津幡ジュニア)[1]

○25水澤康生(新潟/上越グリーンITS)[5] 6-1 6-2 ●24松根拓希(石川/津幡ジュニア)[4]

男子シングルス準々決勝

○1渡辺翔太(石川/津幡ジュニア)[1] 5-7 6-1 6-3 ●8天谷俊介(福井/FUKUIJTT)[6]

○9奥出悠貴(福井/今立TC)[3] 6-3 6-2 ●16横堀陽太郎(新潟/新潟ジャンボITS)[6]

○24松根拓希(石川/津幡ジュニア)[4] 6-2 6-0 ●17北川倖輔(福井/さかいジュニア)[8]

○25水澤康生(新潟/上越グリーンITS)[5] 6-4 6-4 ●32北林由伊(長野/NTA)[2]

女子シングルス決勝

○32畠さゆり(新潟/T&S新発田ITS)[2] 6-2 6-3 ●1吉澤心咲(長野/エースTC)[1]

女子シングルス準決勝

○1吉澤心咲(長野/エースTC)[1] 6-4 6-2 ●9吉江優楽(富山/スポーツドームエアーズ)[4]

○32畠さゆり(新潟/T&S新発田ITS)[2] 6-2 6-1 ●24西村美璃(長野/team HERO)[3]

女子シングルス準々決勝

○1吉澤心咲(長野/エースTC)[1] 6-3 6-1 ●8片塩和奏(長野/team HERO)[6]

○9吉江優楽(富山/スポーツドームエアーズ)[4] 6-2 6-1 ●16佐々木理子(新潟/YeLL)[7]

○24西村美璃(長野/team HERO)[3] 6-1 6-3 ●17北村海遥(石川/金沢市テニス協会)[8]

○32畠さゆり(新潟/T&S新発田ITS)[2] 6-4 6-3 ●26畑川ひかり(新潟/新潟ジャンボITS)

男子ダブルス決勝

○14北川倖輔/奥出悠貴(福井:さかいジュニア/今立TC)6-4 6-2 ●1北林由伊/宮澤啓介(長野:NTA/m&mJTA)[1]

男子ダブルス準決勝

○1北林由伊/宮澤啓介(長野:NTA/m&mJTA)[1] 6-3 6-4 ●5前田優/天谷俊介(福井:FUKUIJTT)[3]

○14北川倖輔/奥出悠貴(福井:さかいジュニア/今立TC)6-4 6-4 ●9中山智裕/角谷亮(石川:津幡ジュニア/GETT)

女子ダブルス決勝

○12富樫七海/畠さゆり(新潟:T&S新発田ITS)[3] 7-6(6) 6-3 ●5内山結芽乃/畑川ひかり(新潟:新潟ジャンボITS)[4]

女子ダブルス準決勝

○5内山結芽乃/畑川ひかり(新潟:新潟ジャンボITS)[4] 7-6(4) 6-4 ●4植月ゆず香/西村美璃(長野:TSC/team HERO)

○12富樫七海/畠さゆり(新潟:T&S新発田ITS)[3] 7-5 6-1 ●16加藤優歩/片塩和奏(長野:荒神山テニススクール/team HERO)[2]

※写真は14歳以下と12歳以下の男子入賞者
写真提供◎石川県テニス協会

This article is a sponsored article by
''.