[AD] ポリエステルで定評あるブランド、シグナムプロが示す2つの選択肢

 ポリエステル系モノフィラメント構造ストリングの代表的ブランドのイメージがある『シグナムプロ』から、非常に興味深い2タイプの新作がデビューする。

「ポリなのに軽快打感」の『エクスペリエンス』と、「マルチフィラメントなのに飛びに安定感」の『ファイバーコア』は、ストリングの世界では両極駅な性能を持つポリエステル系モノと、ナイロン系マルチの、特徴的な性能を活かしながら、「もうちょっと、こうだったらいいのに!」を実現して扱いやすさを備えた、ユーティリティーモデル2機種を、谷口勇美雄テスターと徳重幸人テスターに試してもらい、こんなコメントをもらうことができた。

谷口勇美雄テスターによる試打

画像: 谷口勇美雄テスターによる試打

【谷口勇美雄テスター】
これまで3000本以上のラケットを試打し、その性能を特殊な分析能力で把握する谷口テスターは、インパクトで起こっている現象を、超スーパースローのように感じ取ることができる。インパクトとは「ボールがストリングに衝突する現象」だから、ストリングについての感覚も非常に鋭敏で、あらゆるストリングの特性を熟知し、それを「感触」と「打球性能」に分けて感じ取ることができる。そのコメントに説得力があり、高い信憑性を持つ。

徳重幸人テスターによる試打

画像: 徳重幸人テスターによる試打

【徳重幸人テスター】
長きに渡って『ラケットドック』において、【BTL】谷口氏のパートナーを務めてきたベテランコーチ。近年では自身もプレーヤーとして活躍し、ベテラントーナメントに積極的に挑戦し、多くの大会で上位の成績を収めている。

軽快「飛び系ポリ」=『X-PERIENCE』

ポリエステルだけど飛ぶ!
印象軽快、爽快インパクト

【谷口勇美雄テスターのコメント】

「ストリングの断面が六角形であるため、丸型断面のシグナムプロと比べると、スナップバックによるストリングの動きは少なめです。しかし角があるおかげでボールに引っ掛かってくれる印象があり、期待するだけのスピンは十分にかかってくれます」

「打球音は、一般的なポリ系よりもちょっと高めです。打ち終わった後にわずかな振動が残ってくれるおかげで、インパクトからボールが飛び出していく感覚が明確なため、ポリ系特有の『打球感の重さ』や『飛ばない感じ』が軽減され、『軽快に飛んでくれるポリ系』という印象が強いです」

「どんなプレーヤーに向いているかというと、ポリユーザーの中でも、反発感を求める方にとって満足感が高いと思います。軽快なスイングで『リズムでシャープな回転』をかけるような方に使ってもらいたい、新しいタイプのポリエステル系ストリングです」 

【徳重幸人テスターのコメント】

「ポリエステル系の『エクスペリエンス』の第一印象は、ポリ系のわりには、軽くパァーンと弾いて飛ばしてくれるような感じがしました。実際に飛ぶ距離が長い(飛びすぎる)というのではなく、手応えとして軽く、それが弾くような感触になっているものと思います」。

「ポリ系の特徴として言われる「縦糸のズレ→戻りによってスピンがかかる」の感覚ですが、極端にそれを感じることはなく、軽快にスピンをかけたい方に使いやすいストリングと思います」。

X-PERIENCE  エクスペリエンス
価格 ◎ 2700円(単張本体価格)/ オープン価格(200mロール)
太さ ◎ 1.18 / 1.24 / 1.30 mm
長さ ◎ 12.2m / 200m
カラー ◎ グリーン
素材 ◎ ポリエステル、ハイテク素材
構造 ◎ ポリエステルモノフィラメント

マイルド「コントロール系マルチ」=『FIBERCORE』

マルチの喰い付きに満足!
飛びすぎない安心感がある

【谷口勇美雄テスターのコメント】

「このストリングは、マルチ特有のグリップ感をしっかり感じ、モノフィラメントなどよりも1テンポ遅れて飛び出していくため、なかなか喰い付き感のあるストリングだと感じます」

「一般的にナイロン系は飛びがいい傾向にありますが、少し打球音がこもり気味なのと、マルチフィラメントらしい『打球振動が早く消える』特徴のおかげで、ナイロンなのに飛びが抑えられているイメージですね」

「誤解しないでいただきたいのは『飛ばない』のではなく、『不用意に飛び出してしまうのを防いでくれる感じです。『実際の飛びやフィーリング的にはマルチの感触なんだけど、心理的にはポリの安心感を備えている』という印象です。マルチフィラメントのマイルドな感触が大好きだけど、ときどき飛びすぎてしまうのが難点と感じているプレーヤーに、ぜひ試してみてもらいたい1本です」

【徳重幸人テスターのコメント】

マルチフィラメントの『ファイバーコア』ですが、マルチにしてはインパクトでの伸縮反応が多くない印象で、一般的なマルチフィラメントほど敏感な反応がなく、ちょっとした違いが大きく打球距離に影響してしまう心配がありません。ですから、飛びすぎに対してさほど神経質にならずに、のびのびと打っていけるマルチフィラメントだと思います。

画像1: 【徳重幸人テスターのコメント】

FIBERCORE  ファイバーコア
価格 ◎ 2700円(単張本体価格)/ オープン価格(200mロール)
太さ ◎ 1.30 mm
長さ ◎ 12.2m / 200m
カラー ◎ シルバー
素材 ◎ ポリアミド(ナイロン)、ポリウレタン
構造 ◎ マルチフィラメント+ポリウレタンコーティング

画像2: 【徳重幸人テスターのコメント】
画像3: 【徳重幸人テスターのコメント】

発売元 有限会社アイケーアイ
◎ 052-791-4440
◎ E-mail/iki@quartz.ocn.ne.jp
フィーリングテスト/谷口勇美雄、徳重幸人(www.btl.cc)
文/松尾高司(KAI project)

This article is a sponsored article by
''.