「グスタード女子選手権」(WTAインターナショナル/スイス・グスタード/7月16~22日/賞金総額25万ドル/クレーコート)のダブルス準々決勝で、藤原里華(北日本物産)/ダリヤ・ユラク(クロアチア)はアレクサ・グラーチ(チリ)/デジレイ・クラフチック(アメリカ)に1-6 2-6で敗れた。試合時間は51分。

 ユラクと藤原は、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。36歳の藤原は、6月のスヘルトーヘンボス(WTAインターナショナル/グラスコート)に続く今季3度目のWTAツアー参戦だった。

 今大会の藤原/ユラクは1回戦で第3シードのユージェニー・ブシャール(カナダ)/ヨハンナ・ラーション(スウェーデン)に4-6 7-5 [10-7]で破り、藤原は今季のツアーでマッチ2勝目を挙げていた。

 グラーチ/クラフチックは準決勝で、シルビア・ソレール エスピノーサ/サラ・ソリベス トルモ(ともにスペイン)と対戦する。ソレール エスピノーサ/ソリベス トルモは準々決勝で、カリン・リモーネ/エバ・ワカノ(ともにオランダ)を6-7(5) 6-4 [11-9]で下しての勝ち上がり。

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.