日本テニス協会は7月24日、東京・岸記念体育館で「平成30年度第4回常務理事会」を開催し、下記選手の新規プロフェッショナル登録申請を承認した。活動は2018年8月1日より。

 そのほか、東京2020オリンピックおよび2019年フェドカップ日本代表に関して、下記内容を決議し、報告した。

決議事項

新規プロフェッショナル登録選手

レジスタード 和田太一(SHOW Tennis Project)

フェドカップ・ワールドグループ2部 日本戦の件

 2019年2月9日(土)、10日(日)に行われるフェドカップ・ワールドグループ2部1回戦で、日本はスペインと対戦することになった。これを受けて開催権を持つ日本は、会場を北九州市立総合体育館(福岡県北九州市八幡東区)に決定した。

 また、翌週に行われる可能性があるデビスカップがホーム開催となった場合も、同会場で実施する可能性が高いことを公表した。

東京2020 ITF Technical Delegates 任命の件

 東京2020オリンピック・テニス競技のテクニカル・デレゲイツ(ITF Technical Delegatesの立場から組織委員会にアドバイスを行う)に、ITF(国際テニス連盟)オリンピック委員会のメンバーであり、日本テニス協会常務理事の川廷尚弘氏が就任した。

そのほか、プロテニスと賭けに関する対応(施策を検討する)などを報告

※トップ写真はイメージ(Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.