中国・南昌で開催されている「江西オープン」(WTAインターナショナル/7月23~29日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、第1シードのジャン・シューアイ(中国)がマルガリータ・ガスパリアン(ロシア)を6-4 6-1で下し、準々決勝に駒を進めた。

 中国でもっともランキングが高い選手である世界32位のジャンは、約90分の試合でガスパリアンを倒した。ガスパリアンは1回戦でシュー・シリン(中国)を破り、WTAツアーの本戦では2年ぶりとなる勝利を挙げていた。

 ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したジャンは、3度目のタイトル獲得を目指している。彼女は次のラウンドで、同じく地元選手のジュ・リン(中国)と対戦する。ジュは、テレザ・マルティンコバ(チェコ)を6-2 6-3で倒していた。

 第2シードのワン・チャン(中国)は危機を切り抜けた末に、サビーナ・シャリポワ(ウズベキスタン)を6-4 3-6 6-2で退けた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はジャン・シューアイ(中国)、7月2日ウインブルドンで撮影
LONDON, ENGLAND - JULY 02: Shuai Zhang of China returns to Andrea Petkovic of Germany during their Ladies' Singles first round match on day one of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 2, 2018 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.