アメリカ・ジョージア州アトランタで開催されている「BB&T アトランタ・オープン」(ATP250/7月23~29日/ 74万8450ドル /ハードコート) のシングルス2回戦で、ジョン・イズナー(アメリカ)、チョン・ヒョン(韓国)、ライアン・ハリソン(アメリカ)、ミーシャ・ズベレフ(ドイツ)らが揃って2回戦で勝利をおさめ、準々決勝に駒を進めた。

 この日はスタジアム・コートでシングルス4試合が行われ、まず第1試合でチョンがテイラー・フリッツ(アメリカ)を6-4 7-6(5)で下した。チョンは5月の「ムトゥア・マドリッド・オープン」(ATP1000/クレーコート)以来の公式戦となる。

 第2試合はハリソンがルーカス・ラッコ(スロバキア)を2-6 6-2 6-3で、第3試合ではズベレフがミカエル・ユーズニー(ロシア)を6-4 6-2で退けた。

 ナイターで行われた第4試合には第1シードのジョン・イズナー(アメリカ)が登場し、アレックス・デミノー(オーストラリア)を6-3 6-2で破って準々決勝に進んだ。彼の次の対戦相手は、ズベレフだ。

 木曜日は、2回戦の残り4試合が行われる。

 今大会の第2シードはニック・キリオス(オーストラリア)、第4シードはマシュー・エブデン(オーストラリア)で、キリオスは予選勝者のノア・ルビン(アメリカ)と、エブデンはドナルド・ヤング(アメリカ)と2回戦を戦う(トップ4シードは1回戦が免除され、2回戦が初戦)。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はチョン・ヒョン(韓国)
ATLANTA, GA - JULY 25: Hyeon Chung of Korea returns a forehand to Taylor Fritz during the BB&T Atlanta Open at Atlantic Station on July 25, 2018 in Atlanta, Georgia. (Photo by Kevin C. Cox/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.