高校テニスの最高峰「第75回全国高等学校対抗テニス大会(団体)/第108回全国高等学校テニス選手権大会(個人単複)」が、8月2日から8日まで、三重県四日市市を舞台に開催される。開会式は8月1日、団体戦は2日から4日、個人戦は5日から8日まで、会場は四日市ドーム、霞ヶ浦テニスコート、三滝テニスコートの3会場が使用される。

 団体戦に出場するのは各都道府県予選を勝ち抜いた男女各51校(東京、大阪、神奈川、開催県の三重はプラス1校され、男女各2校)。

 試合方法は、シングルス2本、ダブルス1本の3ポイント制で、ダブルス→シングルス1→シングルス2の順に試合をする。1~3回戦は8ゲームズプロセットで、準々決勝以降は3セットマッチが原則。

 各チームはシングルスの実力順にNo.1からNo.5までの5名を登録する。ダブルスは5名の中から1組をつくり、シングルスは残る3名から、どの2名が出場してもよい。ただし登録順位に従うこと。同一選手が単複を兼ねることはできない。

 以下は男子出場51校の集合写真および登録選手名簿。※選手名の丸数字は学年、★はキャプテン

北海道

東北

関東

北信越

東海

近畿

中国

四国

九州

This article is a sponsored article by
''.