「江西オープン」(WTAインターナショナル/中国・南昌/7月23~29日/賞金総額25万ドル/ハードコート)のダブルス準決勝で、小堀桃子(橋本総業ホールディングス)/清水綾乃(Club MASA)はルー・ジンジン/ヨウ・シャオディ(ともに中国)に2-6 6-7(2)で敗れた。試合時間は1時間29分。

 ともに1998年生まれの小堀と清水のコンビは、今大会が15回目のダブルス出場。ITF女子サーキットでは同ペアで通算5勝を挙げているが、WTAツアーは今回が初参戦だった。

 今大会での小堀/清水は、1回戦でルー・ジアジン(中国)/アンキタ・レイナ(インド)を6-3 4-6 [10-8]で倒してともにツアーでの初勝利を挙げると、準々決勝では第2シードのドゥアン・インイン/ハン・シンユン(ともに中国)を6-1 1-6 [14-12]で破って4強入りを決めていた。

 ふたりはシングルスにも出場していたが、ともに初戦で敗退。清水がサビーナ・シャリポワ(ウズベキスタン)に2-6 0-6で、ラッキールーザーで本戦入りしていた小堀は予選勝者のシュン・ファンイン(中国)に6-7(3) 0-6で敗れていた。

 ルー/ヨウは決勝で、ジアン・シンユー/タン・キアンホェイ(ともに中国)と対戦する。ジアン/タンは準決勝で、ベアトリス・グムリア/ジェシー・ロンピス(ともにインドネシア)を6-1 6-1で下しての勝ち上がり。

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.