アメリカ・ジョージア州アトランタで開催されている「BB&T アトランタ・オープン」(ATP250/7月23~29日/74万8450ドル /ハードコート) のシングルス準決勝で、第1シードのジョン・イズナー(アメリカ)が第4シードのマシュー・エブデン(オーストラリア)を6-4 6-7(6) 6-1で倒し、同大会で8度目となる決勝進出を決めた

 ここ6年で5度目の優勝を狙うイズナーは、決勝で第8シードのライアン・ハリソン(アメリカ)と対戦する。これは昨年の決勝の再現となる顔合わせだ。ハリソンは土曜日のナイトマッチで、キャメロン・ノリー(イギリス)を3-6 6-3 6-2で下した。

「ライアンについては、すごくよく知っている」とイズナーは言った。

「ここには何の秘密もない。僕は彼について多くのことを知っており、我々はいい友人同士でもある。これは昨年のリマッチだ。だから素敵なことでもある」

 イズナーは、1月のオーストラリアン・オープンでのエブデンに対する初めての敗戦から立ち直り、対戦成績を4勝1敗とした。

「昨日と同じように、厳しい試合だった」とイズナーは振り返った。

「第3セットの出だしで抜け出ることができたことで、間違いなくプレッシャーが少し軽減されたよ。ここの決勝に戻ってこれて本当にうれしい。今は、冷房の効いたところで休む必要があるね。それから、明日に向けて準備を整えるよ」

 アタランタでの3試合目に勝ったイズナーは、この大会での戦績を30勝4敗に向上させた。ジョージア大学のスター選手だった身長208cmのイズナーは、4月のマイアミ・オープンで優勝し、ATPツアーで13度目のタイトル獲得を果たしていた。

 この結果でイズナーは、アタランタの準決勝での戦績を8勝1敗とした。唯一の敗戦は、2012年大会でのアンディ・ロディック(アメリカ)に対するものだ。これ以外にイズナーがこの大会で敗れたのはすべて決勝でのことで、2010年と2011年はマーディ・フィッシュ(アメリカ)に、2016年にはニック・キリオス(オーストラリア)に敗れて優勝を逃していた。

 しかしイズナーにとって、アタランタは間違いなく相性のいい大会だ。昨年の優勝者である彼は、2013年から15年には3連覇を果たしていた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はジョン・イズナー(アメリカ)
ATLANTA, GA - JULY 28: John Isner returns a backhand to Matthew Ebden of Australia during the BB&T Atlanta Open at Atlantic Station on July 28, 2018 in Atlanta, Georgia. (Photo by Kevin C. Cox/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.