ITF(国際テニス連盟)の女子1.5万ドル大会「フォルモサ・カップ」(台湾・台北/7月23~29日/ハードコート)のダブルス決勝で、第1シードのチャン・チンウェイ(台湾)/高畑寿弥(橋本総業ホールディングス)はガーランド・ジョアンナ/リー・フアチェン(ともに台湾)に1-6 6-3 [1-10]で敗れた。試合時間は1時間20分。

 今大会でのチャン/高畑は、1回戦でリー・ヤーシン/パイ・ヤーユン(ともに台湾)を2-6 6-3 [10-7]で、準々決勝で本藤咲良(フリー)/リー・ジアカン(中国)を6-4 6-1で、準決勝ではクワン ヤウ・ウン/ホー チン・ウー(ともに香港)を6-3 6-4で下して決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は10人が本戦に出場したが、予選から勝ち上がった古屋美智留(フリー)が8強入りしたのが最高成績だった。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、Qは予選勝者、Ret.は途中棄権

上位の試合結果

シングルス決勝

○18ホー チン・ウー(香港)3-6 5-4 Ret. ●9リー・ペイチー(台湾)[4]

シングルス準決勝

○9リー・ペイチー(台湾)[4] 6-3 6-4 ●8ジェシカ・ホー(アメリカ)[6]

○18ホー チン・ウー(香港)6-3 3-6 6-2 ●28エウディス・チョン(香港)

シングルス準々決勝

○8ジェシカ・ホー(アメリカ)[6] 6-4 7-5 ●2古屋美智留(フリー)[Q]

○9リー・ペイチー(台湾)[4] 6-4 6-3 ●16リー・フアチェン(台湾)[5]

○18ホー チン・ウー(香港)7-6(3) 6-3 ●24ケイラ・マクフィー(オーストラリア)[3]

○28エウディス・チョン(香港)6-1 6-4 ●31イバナ・ポポビッチ(オーストラリア)

ダブルス決勝

○15ガーランド・ジョアンナ/リー・フアチェン(台湾)6-1 3-6 [10-1] ●1チャン・チンウェイ/高畑寿弥(台湾/橋本総業ホールディングス)[1]

ダブルス準決勝

○1チャン・チンウェイ/高畑寿弥(台湾/橋本総業ホールディングス)[1] 6-3 6-4 ●7クワン ヤウ・ウン/ホー チン・ウー(香港)

○15ガーランド・ジョアンナ/リー・フアチェン(台湾)6-1 6-4 ●10エウディス・チョン/シェイ・シューイン(香港/台湾)

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.