「第36回 第一生命 全国小学生テニス選手権大会」(東京都世田谷区・第一生命相娯園グラウンドテニスコート/7月27~30日/クレーコート)の大会2日目は、男女シングルス3回戦が8ゲームマッチで、準々決勝は3セットマッチで行われた。

 男子は第11シードの神山宏正(品川区立第二延山/東京)、第10シードの櫻井成(調布市立北ノ台/東京)が5年生ながら、ベスト8進出。だが、準々決勝ではともに1学年上の選手の前に力尽きた。

画像: 櫻井成(調布市立北ノ台/東京)

櫻井成(調布市立北ノ台/東京)

 ベスト4に勝ち残ったのは前田透空(流山市立おおたかの森/千葉)、富田悠太(名古屋市立砂田橋/愛知)、浅田絋輔(宮崎市立学園木花台/宮崎)のトップ3シードに加えて、ノーシードから勝ち上がった若松泰地(湖南市立石部/滋賀)だった。

 若松は、第4シードでサービス、ストロークが強力な高橋遼介(横浜市立神大寺/神奈川)に対し、正確なストロークで相手を左右に走らせてからオープンコートにウィナーを決め、タイミングのよいドロップショットを織り交ぜるなどしてポイントを奪う。6-3リードから追いつかれる苦しい展開だったが、最後は2ゲーム連取で振りきった。

 続く準々決勝では櫻井と対戦。年下であり、パワーで劣る相手に対しては、積極的に強打で攻めて6-3 6-3とストレート勝利を収めた。

「ベスト4が目標だったので達成できてうれしい。次(準決勝)は全国選抜のときに敗れた前田君が相手なので、今回はリベンジしたい」と若松は目標達成後も新たな目標に切り替えている。

 女子の上位シードで最終日まで残ったのは、第2シードの中里亜優菜(横浜市立平沼/神奈川)のみ。中里は3回戦では小坂麻陽(石狩市立花川南/北海道)に8-3の危なげない勝利だったが、準々決勝では林妃鞠(鈴鹿市立一宮/三重)に対して1-6で第1セットを奪われる苦しい展開だった。そこから思いきりのよいショットが決まり始め、逆転勝利を収めた。

画像: 成田百那(名古屋市立春日野/愛知)

成田百那(名古屋市立春日野/愛知)

 女子でも成田百那(名古屋市立春日野/愛知)がノーシードからベスト4入り。3回戦は木下晴結(枚方市立五常小学校/大阪)を8-2と退けるが、準々決勝ではクロスリー真優(文京市立窪町/東京)の強打と巧みなショットに苦戦。第1セットを4-6で失うと、第2セットも2-4とリードされ、敗退まであと2ゲームだった。しかし、そこから4ゲームを連取して最終セットに持ち込み、最後も6-4で第4シードを撃破した。

 第1シードの齋藤咲良(前橋市立二之宮/群馬)をベスト16で破ったのは第13シードの北原結乃(横浜市立東市ヶ尾/神奈川)だった。4-7と追い込まれてから粘って2ゲーム連取。悔し涙を見せる齋藤に対し、6-7からのサービスゲームで15-40とされるが、2つのマッチポイントをしのぐ。ノーアドルールのため40-40でも3つ目のマッチポイントに直面するが、強気に攻めてドライブボレーを振り抜き、7-7に追いついた。

 勢いに乗った北原は次のゲームをブレーク。8-7からサービング・フォア・マッチで40-30から初のマッチポイントを迎えるが、1本では仕留められない。だが、40-40からのポイントで相手のバランスを崩す低いショットでミスを誘い、大逆転でベスト8に進んだ。

 その北原も、準々決勝止まりだった。第7シードの津田梨央(名古屋市立北一社/愛知)が強烈なショットで北原を立ち上がりから攻めて4-1リード。徐々に津田の強打に慣れてきた北原が反撃してタイブレークに持ち込むが、8-6で津田が競り勝ち、第2セットは6-2で圧倒した。

画像: 北原結乃(横浜市立東市ヶ尾/神奈川)

北原結乃(横浜市立東市ヶ尾/神奈川)

 もうひとり準決勝に勝ち進んだのは第16シードの名雪芹(茅ヶ崎市立松林/神奈川)。3回戦で第3シードの河野望奈(倉敷市立茶屋町/岡山)を下し、準々決勝では第10シードの岸本聖奈(太宰府市立太宰府西/福岡)と対戦した。第1セットを6-2で圧倒したが、第2セットを5-7で落とし、最終セットはタイブレークにもつれる激戦となるが、7-5で振りきった。

 準決勝は7月30日(月)の10時から、男女4試合が同時に始まる予定となっており、そのあとに休憩を挟んで決勝戦が行われる。

(編集部◎池田晋)

※トップ写真は若松泰地(湖南市立石部/滋賀) 写真◎福地和男

This article is a sponsored article by
''.