スイス・グスタードで開催された「J.SAFRA SARASIN スイス・オープン・グスタード」(ATP250/7月23~29日/賞金総額56万1345ユーロ/クレーコート)のシングルス決勝で、マッテオ・ベレッティーニ(イタリア)が第2シードのロベルト・バウティスタ アグート(スペイン)を7-6(9) 6-4で倒し、優勝を遂げた。

 初のATPツアー決勝をプレーしていたベレッティーニは1時間45分の戦いの末に、今週5試合連続となるストレート勝ちを決めた。彼は、かなりの競り合いとなった第1セットで2つのセットポイントをセーブし、第2セットでこの試合唯一のサービスブレークを果たして、勝利をもぎとった。

 22歳のベレッティーニは、ATPツアーでのここ15年の歴史でもっとも若いイタリア人決勝進出者だった。

 バウティスタ アグートは、ハレの準決勝で被った腰の故障からの復帰を果たしたばかりのところだ。この故障のせいでウインブルドン出場を断念した彼は、自身にとってキャリア9度目、今年3つ目になるはずだったタイトル獲得を目指していた。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)、7月ロンドンで撮影
LONDON, ENGLAND - JULY 03: Matteo Berrettini of Italy returns against Jack Sock of The United States during their Men's Singles first round match on day two of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 3, 2018 in London, England. (Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.