「アビエルト・メキシカーノ・デ・テニス・ミフェル」(メキシコ・ロス カボス/7月30日~8月4日/賞金総額80万8770ドル/ハードコート)のシングルス1回戦で、西岡良仁(ミキハウス)がガスタン・エリアス(ポルトガル)を6-4 6-3で破り、初戦を突破した。試合時間は1時間24分。

 今大会に初めて出場した西岡は、5大会ぶりのマッチ勝利を挙げた。ATPツアーの本戦は、今季5大会目となる。

 両者は今回が初対戦。左膝の負傷で昨年の4月上旬に前十字靭帯の手術を受け、1月に復帰した西岡は世界ランクを247位(7月30日付)まで落としているため、今大会はプロテクト・ランキング(ケガなどで長期休養を余儀なくされた選手への救済措置)でエントリーしていた。

 西岡は2回戦で、第7シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)とワイルドカード(主催者推薦枠)のタナシ・コキナキス(オーストラリア)の勝者と対戦する。

 アビエルト・メキシカーノ・デ・テニス・ミフェルはATPツアー250の規模の大会で、シングルス28ドロー、ダブルス16ドローで争われる。

上位出場選手シード順位(シングルス)

フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)[1]
ファビオ・フォニーニ(イタリア)[2]
ダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)[3]
アドリアン・マナリノ(フランス)[4]

※[ ]数字はシード順位

※写真はオーストラリアン・オープンでの西岡良仁(ミキハウス)
撮影◎小山真司

This article is a sponsored article by
''.