アメリカ・ワシントンDCで開催されている「シティ・オープン」(ATP500/7月30日~8月5日/賞金総額214万6815ドル/ハードコート)の男子シングルス1回戦。

 アンディ・マレー(イギリス)は叫び、また叫び、荒々しくこぶしを突き上げた。それが、ごく最近、世界100位に入ったばかりの経験の浅い相手に対する単なる1回戦での勝利だということを考えれば、かなり大きなリアクションだった。

 それでもマレーにとって、それは大きな意味のある勝利だったのだ。それは、手術で修復した腰のテストであり、彼は錆びつきと劣勢に打ち勝って、1年半近い不在のあとにハードコートでの試合に勝った。

 ワシントンDCで復帰を果たしたマレーは、1回戦でマッケンジー・マクドナルド(アメリカ)を3-6 6-4 7-5で倒した。

「この試合を勝ち抜くことを楽しんだ。言うまでもなく、勝利を祝うジェスチャーを見ればわかったと思うけど」とマレーは雨による遅れのため夜の10時過ぎに始まり、深夜0時45分に終わった試合のあとにこう言った。

「この試合を切り抜けることができて本当によかった」と彼は続けた。「でも実際のプレー内容、この試合での自分の仕事ぶりについては、満足していないけど」。

 マレーが現在どんな状態にいるのかを正確に映していた時間帯があった。彼は、1月の手術から回復し、戦いの中にふたたび戻っていこうと奮闘している男なのだ。特に、最終セット5-4からの自分のサービスで手にした5つのマッチポイントのどれひとつも、ものにできなかったときには、その苦闘ぶりが見てとれた。しかし、彼は7本目のそれをものにした。

 マレーは元世界1位であり、ウインブルドンで2度、USオープンで1度優勝した。しかし、今の彼は非常に長くツアーから離れていたせいで、世界ランキングは832位まで落ちた。腰の故障のため、昨シーズンの後半を完全に棒に振り、今年も6月まで大会に出場していなかった。

 この試合は、マレーにとって2018年にプレーした4試合目に過ぎない。

 次の5試合目…2回戦の相手は、カイル・エドマンド(イギリス)となる。エドマンドは、マレー不在の間に彼を追い抜き、イギリス・ナンバーワンとなった男だ。マレーが復帰の最初の一歩を試みた6月のイーストボーンで、彼をストレートで倒した男でもある。

「間違いなく、今回はよりよいテニスをしなければならない」とマレーは言った。

 マレーは、ベスト・オブ・5セットマッチを戦うには、「腰の回復の過程で、まだ時期尚早かもしれない」と言いつつ、7月1日にウインブルドンからの棄権を決めていた。

 この日のマレーはブレークを果たして2-0とリードし、最初の10分はいい形でプレーしていた。しかしその後、かなりの長さにわたり、多くのショットをミスし、6回のダブルフォールトーーそのうち2回は連続でおかし、第2セットで1-2とブレークされたーーお粗末なプレーに陥った時間帯を通り抜けた。

 NCAAの男子シングルス優勝者である23歳のマクドナルドは、今月のウインブルドンで4回戦に進出という、グランドスラム最高成績をおさめたばかりのところだった。そのおかげでトップ100位内に入り込んだ彼は、現在80位につけている。

 マクドナルドは、ある時間帯で7ゲームのうち6ゲームを取り、自身のサービスをキープすれば勝ち、という状態まであと1ポイントと迫っていたが、最終的にマレーが舵を正し、雨が戻ってくる前に、試合に終止符を打った。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はアンディ・マレー(イギリス)
WASHINGTON, DC - JULY 30: Andy Murray returns a dives for a shot from Mackenzie McDonald during the Citi Open at the Rock Creek Tennis Center on July 30, 2018 in Washington, DC. (Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.