第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の初日は、男女団体の1、2回戦が行われ、それぞれベスト16が決まった。

 男子の初出場は4校。その中から日出(東京)が2試合に勝利し、ベスト16入りを果たした。1回戦で海星(長崎)を2勝1敗で下すと、続く2回戦も3年連続4強の岡山理大附(岡山)を同じく2勝1敗で退けた。得意のシングルスで2勝が勝利のシナリオだ。

 ワールドジュニア代表にもなり、2年前の全中チャンピオンの齋藤惠佑がエースを務める。主将でS2の清水健二朗は「いつも自分に(勝負が)かかる覚悟で戦っている」と苦笑する。岡山理大附との2回戦は気迫の逆転勝利。「最後はしっかりと集中できた」と胸を張った。

「こういう展開になることはわかっていた」と岡山理大附の松村道則監督。S2の合田渚は3-0とスタートダッシュに成功したものの、勝ちを急いで逆転を許した。「また一から出直しです」と松村監督。手痛い敗戦となったが、この悔しさを次へつなげたい。

 初出場の残る3校、誠英(山口)は1回戦で敗れたが、広島学院(広島)が秋田(秋田)を、熊本マリスト学園(熊本)は東奥義塾(青森)をともに3勝0敗のストレートで下し、1回戦を勝ち上がった。

画像: マリストのダブルス、泊優太/三牧亮介

マリストのダブルス、泊優太/三牧亮介

 しかし、どちらも2回戦の壁は厚かった。広島学院は早稲田実業(東京)に0勝2敗、熊本マリスト学園は選抜優勝校の四日市工(三重)に0勝3敗で敗戦。熊本マリスト学園の宮本汰一主将は「やはり四日市工とはレベルが違った。それでも全国で勝てたのは大きな自信になった」と力強く語った。

 その四日市工とともに、三重県から出場したのが四日市だ。開催枠で出場権を勝ち取ったが、しかし1回戦で四国地区準V校の高松北(香川)に0勝3敗のストレート負け。「みんなが応援してくれて、完全ホームでしたが、完敗でした」と神谷康太主将が頭をかいた。

画像: 57年ぶり2度目の出場となった四日市

57年ぶり2度目の出場となった四日市

 名古屋(愛知)と秀明英光(埼玉)の2回戦は1勝1敗となり、S2勝負にかかったが、名古屋の石榑元晴が秀明の間仲啓に8-1と完勝。3年連続4度目の優勝を狙う相生学院(兵庫)は沖縄尚学(沖縄)を3連勝で下し、ともにベスト16を手にした。

画像: チームの勝利を決めた名古屋の石榑(右)

チームの勝利を決めた名古屋の石榑(右)

 大会2日目となる8月3日は男女団体の3回戦、準々決勝が行われる。3回戦は8ゲームマッチで、準々決勝からは3セットマッチの戦いとなる。試合開始時間は9時の予定。

(編集部◎牧野 正)

写真◎小山真司、BBM

※トップ写真は、ベスト16入りを決めた日出メンバー

This article is a sponsored article by
''.