メキシコ・ロス カボスで開催されている「アビエルト・メキシカーノ・デ・テニス・ミフェル」(ATP250/7月30日~8月4日/賞金総額80万8770ドル/ハードコート)シングルス2回戦で、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)がこの夏のハードコート・シーズンをマルコス・ギロン(アメリカ)に対する7-5 6-3の勝利でスタートさせた。

 ウインブルドンでラファエル・ナダル(スペイン)に敗れたとき以来の大会出場で、トップシードのデル ポトロは次にエゴール・ゲラシモフ(ベラルーシ)と準々決勝を戦うことになる。

 デル ポトロの今年のハードコートでのタイトルは、インディアンウェルズとアカプルコだ。世界4位の彼は、キャリアを通して「22」のタイトルを誇り、その中で最大のものは2009年USオープンだ。

 301位のゲラシモフは、第5シードで前年度覇者のサム・クエリー(アメリカ)を7-5 5-7 7-6(6)で下す殊勲をやってのけた。クエリーは昨年、ここロス カボスとアカプルコ(いずれもメキシコ)での2大会を制していた。

 第4シードのアドリアン・マナリノ(フランス)は、エリアス・イーメル(スウェーデン)を6-0 6-2で下した。マナリノは次に、キャメロン・ノリー(イギリス)と対戦する。左利きのノリーは、先週のアトランタで準決勝進出を果たしたばかりのところだった。ノリーはこの日、フェリシアーノ・ロペス(スペイン)を6-3 6-3で下した。

 一方、日本の西岡良仁(ミキハウス)は、第7シードのテイラー・フリッツ(アメリカ)を7-6(3) 6-1で倒した。西岡は準々決勝で、第2シードのファビオ・フォニーニ(イタリア)と対戦する。

 第3シードのダミアー・ジュムホール(ボスニア・ヘルツェゴビナ)は、トーマス・ファビアーノ(イタリア)を7-6(0) 7-6(5)で退けた。彼は次のラウンドで、ピーター・ポランスキー(カナダ)を7-6(1) 7-6(2)で下したマイケル・モー(アメリカ)と対戦する。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)、7月のウインブルドンで撮影
LONDON, ENGLAND - JULY 11: Juan Martin Del Potro of Argentina in action against Rafael Nadal of Spain during their Men's Singles Quarter-Finals match on day nine of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 11, 2018 in London, England. (Photo by Clive Mason/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.