アメリカ・カリフォルニア州サンノゼで開催されている「ムバダラ・シリコンバレー・クラシック」(WTAプレミア/7月30日~8月5日/賞金総額79万9000ドル/ハードコート)のシングルス2回戦で、元世界1位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)がラッキールーザーのアンナ・ブリンコバ(ロシア)を6-1 6-0で下し、ベスト8に駒を進めた。

 19歳のブリンコバのサービスゲームを6度ブレークしたアザレンカは、準々決勝で予選勝者のダニエル・コリンズ(アメリカ)と対戦する。コリンズは、ベラ・ラプコ(ベラルーシ)を6-1 3-6 6-1で倒して勝ち上がった。

 ブリンコバは、右腕の故障のためぎりぎりで棄権を決めた第1シードのガルビネ・ムグルッサ(スペイン)に代わって本戦ドローに滑り込んだ。

「ここ数日右腕に痛みがあり、試合をプレーするに十分な準備ができていないと気づいた。次の大会に間に合うよう回復できることを願う」とムグルッサは声明文の中で述べた。

 2016年優勝者のジョハナ・コンタ(イギリス)は、1回戦でグランドスラム大会優勝歴23回のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を6-1 6-0で倒す殊勲を挙げた勢いに乗り、この日も19歳のソフィア・ケネン(アメリカ)を6-1 6-4で問題なく下した。

 コンタは準々決勝で、第4シードのエリース・メルテンス(ベルギー)と対戦する。メルテンスはワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したアシュレイ・クラッツァー(アメリカ)に6-2 6-0で圧勝した。(C)AP(テニスマガジン)

※写真はビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)
SAN JOSE, CA - AUGUST 01: Victoria Azarenka of Belarus returns a shot to Anna Blinkova of Russia during Day 3 of the Mubadala Silicon Valley Classic at Spartan Tennis Complex on August 1, 2018 in San Jose, California. (Photo by Ezra Shaw/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.