「シティ・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ワシントンDC/7月30日~8月5日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子シングルス2回戦で第6シードのベリンダ・ベンチッチ(スイス)と対戦予定だった日比野菜緒(LuLuLun)は、腹筋の故障で棄権した。

 今大会に2年連続出場となった日比野は、1回戦で2015年のウインブルドン・ジュニア優勝者で予選から勝ち上がってきたソフィヤ・ジュック(ロシア)を7-5 6-4で破り、大会初勝利を挙げていた。昨年は1回戦で、モニカ・ニクレスク(ルーマニア)に3-6 6-2 6-7(7)で敗れていた。

 2016年2月に世界ランク自己最高の7位をマークした21歳のベンチッチは、今季のWTAツアーで初の8強入りを決めた。

 ベンチッチは準々決勝で、アンドレア・ペトコビッチ(ドイツ)と対戦する。ペトコビッチは2回戦で、昨年のUSオープン優勝者で第2シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)を2-6 6-4 6-2で下しての勝ち上がり。

写真◎Getty Images

This article is a sponsored article by
''.