「シティ・オープン」(ATP500/アメリカ・ワシントンDC/7月30日~8月5日/賞金総額214万6815ドル/ハードコート)のシングルス3回戦で、第7シードの錦織圭(日清食品)が第9シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)を7-6(1) 6-3で破り、ベスト8進出を決めた。試合時間は1時間42分。

 今大会に2年連続7度目の出場となる錦織は、2015年にタイトルを獲得。昨年は準決勝で、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に3-6 4-6で敗れていた。

 この結果で錦織は、シャポバロフとの対戦成績を1勝1敗のタイに追いついた。両者は2月にアカプルコ(ATP500/ハードコート)の1回戦で初対戦しており、シャポバロフが6-7(3) 6-3 6-1で勝っていた。

 錦織は準々決勝で、第1シードのズベレフと対戦する。ズベレフは兄弟対決となった3回戦で、兄のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を6-3 7-5で下しての勝ち上がり。

※写真は錦織圭(日清食品)
WASHINGTON, DC - AUGUST 02: Kei Nishikori of Japan celebrates a win over Denis Shapolalov of Canada during Day Six of the Citi Open at the Rock Creek Tennis Center on August 2, 2018 in Washington, DC. (Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.