第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の大会2日目は、男女団体の3回戦、準々決勝が行われ、ベスト4が決定した。

 第1シードの相生学院(兵庫)は3回戦で高松北(香川)と対戦。S2を落とし、S1の伊藤さつきも竹本萌乃と中盤まで拮抗状態。最後は伊藤が突き放して勝利をつかむと、準々決勝の山梨学院(山梨)戦はシングルス2本でストレート勝ちを収めた。 

 出場メンバーのキャプテンを務める田中菜冴美は「自分たちを信じて、縮こまらずに(明日の試合を)楽しみたい」と力強く語った。相生学院の4強進出は2年ぶりで、優勝すると3年ぶり2度目となる。

画像: 相生学院のダブルス、田中菜冴美(左)/古賀麻尋(写真◎小山真司)

相生学院のダブルス、田中菜冴美(左)/古賀麻尋(写真◎小山真司)

 準決勝で相生学院と対戦するのは愛知啓成(愛知)。今日は接戦の中から見事に勝機を手繰り寄せた。3回戦の早稲田実業(東京)戦は安井愛乃/日野有貴子、準々決勝の四日市商(三重)戦はS2淺野汐香が1勝1敗から試合を決め、4強入りを決めた。

「S1の阿部(宏美)がしっかり力を発揮してくれた。ダブルスも淺野も集中してプレーできた。日頃よりも力を出せたことが勝因」と伸居勝己監督。春の選抜は相生学院に敗れたが、今夏はいかに。

画像: 愛知啓成の主将、安井愛乃(左)と阿部宏美(写真◎小山真司)

愛知啓成の主将、安井愛乃(左)と阿部宏美(写真◎小山真司)

 仁愛女子(福井)は春夏続いてのベスト4入り。3回戦は東北王者の聖和学園(宮城)、続く準々決勝は沖縄尚学(沖縄)に2勝0敗。今日はS1押川千夏、S2溝口英蘭のふたりが頑張り、チームはいまだ無敗を継続する。

「準決勝はどこが相手でも厳しい対戦になる。(明日は)やるしかない」と冨田典江監督。選抜の準優勝をきっかけにチームはさらに成長したが、インターハイは3本勝負。ここから相手も強くなる。気持ちを締め直し、明日の準決勝に挑む。

画像: 仁愛女子は9年ぶりの全国制覇を目指す

仁愛女子は9年ぶりの全国制覇を目指す

 ノーシードの野田学園(山口)と上位シード4校の一角、白鵬女子(神奈川)の準々決勝は、白鵬女子が先にダブルスをものにするも、S2対決は野口綾那が途中棄権によって野田学園がタイに戻し、最後はS1倉橋奈摘が粘る石川琴実を振り切って6-2 3-6 6-3で勝利した。

「ここまでこれると思っていなかったので、素直にうれしい」と倉橋。自分たちのプレーに集中し、勝つことにこだわるのではなく、勝ち方にこだわった。頭を使ったテニスで堂々の4強入り。「自分たちは何も失うものはない」と田中聰規監督も挑戦する気持ちを強調した。

 明日の準決勝のカードは、相生学院vs愛知啓成、野田学園vs仁愛女子。女子は四日市ドームで9時からスタートし、その後、決勝が行われ、今年の団体日本一が決まる。

(編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、野田学園の4強入りを決めた倉橋奈摘(写真◎小山真司)

This article is a sponsored article by
''.