「シティ・オープン」(ATP500/アメリカ・ワシントンDC/7月30日~8月5日/賞金総額214万6815ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第7シードの錦織圭(日清食品)はディフェンディング・チャンピオンで第1シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)に6-3 1-6 4-6で敗れた。試合時間は1時間45分。

 今大会に2年連続7度目の出場となった錦織は、2015年にタイトルを獲得。昨年は準決勝で、ズベレフに3-6 4-6で敗れていた。

 この結果でズベレフは、錦織との対戦成績を2勝1敗と勝ち越した。今シーズンは4月にモンテカルロ(ATP1000/クレーコート)の準決勝で対戦し、錦織が3-6 6-3 6-4で勝っていた。

 錦織はトップ5の選手と今季5度目の対戦だったが、4勝目を挙げることはできなかった。

 ズベレフは準決勝で、第10シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)と対戦する。チチパスは準々決勝で、第3シードのダビド・ゴファン(ベルギー)を6-3 6-4で下しての勝ち上がり。

※写真は錦織圭(日清食品)
WASHINGTON, DC - AUGUST 03: Kei Nishikori of Japan returns a forehand shot to Alexander Zverev of Germany during Day Seven of the Citi Open at the Rock Creek Tennis Center on August 3, 2018 in Washington, DC. (Photo by Mitchell Layton/Getty Images)

This article is a sponsored article by
''.