「シティ・オープン」(ATP500/アメリカ・ワシントンDC/7月30日~8月5日/賞金総額214万6815ドル/ハードコート)の男子ダブルス準々決勝で、イバン・ドディグ(クロアチア)/マクラクラン勉(日本)はワイルドカード(主催者推薦枠)のデニス・クドラ/フランシス・ティアフォー(ともにアメリカ)に4-6 7-6(4) [10-12]で敗れた。試合時間は1時間54分。

 マクラクランとドディグは、今大会で初めてペアを組んでダブルスに出場。1回戦では、第3シードのルーカシュ・クボト(ポーランド)/マルセロ・メロ(ブラジル)を6-4 7-5で破って勝ち上がっていた。ドディグはメロとのペアでツアー通算6勝を挙げており、2015年にはフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)で優勝を果たしていた。

 クドラ/ティアフォーはこのあとに予定されている準決勝で、マイク・ブライアン(アメリカ)/エドゥアール・ロジェ バセラン(フランス)と対戦する。ブライアン/ロジェ バセランは準々決勝で対戦予定だったアレクサンダー・ズベレフ/ミーシャ・ズベレフ(ともにドイツ)が棄権したため、不戦勝で勝ち上がっていた。

※写真はフレンチ・オープンでのマクラクラン勉(日本)
撮影◎毛受亮介

This article is a sponsored article by
''.