第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/四日市ドーム、霞ヶ浦テニスコート、三滝テニスコート)の競技3日目、8月4日は男女団体準決勝、決勝が行われ、男子団体決勝は秀明八千代(千葉)が早稲田実(東京1)を2勝1敗で破り、初の全国制覇を達成した。同校は昨年インターハイ準優勝校。

 決勝は3試合(ダブルス、シングルス1、シングルス2)が同時に始まり、ダブルスを早実の藤岡凌大2年/増田健吾3年が先取したあと、秀明八千代のS2坂川広樹3年、続いてS1白石光3年がシングルス2本を制した。

男子団体決勝

5秀明八千代(千葉) 2-1 45早稲田実(東京1)
D1 ●鈴木陸翔②/加藤 潤③ 1-6 4-6 ◯藤岡凌大②/増田健吾③
S1 ◯白石 光③ 7-5 7-6(2) ●丹下将太③
S2 ◯坂川広樹③ 6-2 6-2 ●渡部将伍③

写真◎BBM

※トップ写真は初優勝を決めた秀明八千代メンバー

This article is a sponsored article by
''.