ITF(国際テニス連盟)の女子2.5万ドル大会「フォートワース女子プロテニス・クラシック」(アメリカ・テキサス州フォートワース/7月30日~8月5日/ハードコート)のダブルス決勝で、第1シードの奥野彩加(フリー)/オリビア・タンドラモリア(オーストラリア)は第2シードのスー・チーユ(台湾)/マルセラ ・ザカリアス(メキシコ)に6-3 6-7(6) [6-10]で敗れた。試合時間は1時間42分。

 今大会での奥野/タンドラモリアは、1回戦でミカエラ・ゴードン/ジャニス・シン(ともにアメリカ)を6-3 6-2で、準々決勝でロビン・アンダーソン/ロレイン・ギレルモ(ともにアメリカ)を2-6 6-3 [10-3]で、準決勝では第3シードの華谷和生(三浦工業)/大前綾希子(島津製作所)を6-3 6-7(7) [10-8]で下して決勝進出を決めていた。

 シングルスの日本勢は、華谷、大前、奥野の3人が出場していたが、いずれも初戦敗退に終わっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者

日本人選手の結果

シングルス1回戦

●12華谷和生(三浦工業)3-6 3-6 ○11マリア ホセ・ポルティージョ ラミレス(メキシコ)

●20大前綾希子(島津製作所)0-6 4-6 ○19アレクサ・グラハム(アメリカ)[Q]

●28奥野彩加(フリー)4-6 3-6 ○27ドミニク・シェーファー(ペルー)

ダブルス決勝

●1奥野彩加/オリビア・タンドラモリア(フリー/オーストラリア)[1] 6-3 6-7(6) [6-10] ○16スー・チーユ/マルセラ ・ザカリアス(台湾/メキシコ)[2]

ダブルス準決勝

○1奥野彩加/オリビア・タンドラモリア(フリー/オーストラリア)[1] 6-3 6-7(7) [10-8] ●5華谷和生/大前綾希子(三浦工業/島津製作所)[3]

ダブルス準々決勝

○1奥野彩加/オリビア・タンドラモリア(フリー/オーストラリア)[1] 2-6 6-3 [10-3] ●3ロビン・アンダーソン/ロレイン・ギレルモ(アメリカ)

○5華谷和生/大前綾希子(三浦工業/島津製作所)[3] 7-5 5-7 [10-6] ●8ケリー・チェン/ペイジ・ハウリガン(アメリカ/ニュージーランド)

ダブルス1回戦

○1奥野彩加/オリビア・タンドラモリア(フリー/オーストラリア)[1] 6-3 6-2 ●2ミカエラ・ゴードン/ジャニス・シン(アメリカ)

○5華谷和生/大前綾希子(三浦工業/島津製作所)[3] 7-6(5) 6-0 ●6オリビア・ハウガー/マリア・スミス(アメリカ)[Q]

※写真は昨年の東レPPOでの奥野彩加(フリー)
撮影◎矢野寿明

This article is a sponsored article by
''.