第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の大会4日目、男子は個人戦シングルスの1~4回戦が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われ、ベスト8が決まった。

 団体戦では準々決勝で敗れ、3連覇を逃した相生学院(兵庫)だが、個人戦シングルスではベスト8に3人が進んだ。

 まずは2年生の高畑里玖だ。「今まで勝ったことがなかった」という藤原智也(東山)との3回戦を8-5で制すると、4回戦は高羽蓮(名古屋)に8-1で完勝。「全国でのベスト8は自信になります」と笑顔を見せた。

 残るふたりは丸山隼弥と阿多竜也の3年生コンビ。主将の丸山は3回戦で丹下将太(早稲田実業)を8-5で下すと、4回戦でも地元の山岸勇貴(四日市工)に8-5の勝利。「最後までしっかりと戦うことができた」と4試合を振り返りながら、「でも、まさか(ベスト8に)残れるとは」と本音も口にした。

 阿多は4回戦で団体優勝を飾った坂川広樹(秀明八千代)を8-4で退けた。「団体戦で優勝できなかった悔しさをぶつけて」の8強入り。丸山と阿多は明日のダブルスの第1シードであり、明後日はベスト4をかけて戦う敵となる。

 ジュニアデ杯代表の仲間でもある池田朋弥(誉)と齋藤惠佑(日出)も4試合を勝ち抜いた。池田は4回戦で昨年準優勝の田口涼太郎(大分舞鶴)に8-5で勝利。「強い相手とわかっていたので、チャレンジャーのつもりで戦った。本当にうれしいです」と汗をぬぐった。

画像: 昨年は県大会で敗れ、これがインターハイ初出場の池田(写真◎小山真司)

昨年は県大会で敗れ、これがインターハイ初出場の池田(写真◎小山真司)

 齋藤は3回戦で岩田真優(同志社国際)に8-3、4回戦でも清風のエースの大植駿を8-3で下した。「初日の4試合がタフと聞いていた。それを乗りきることができてうれしい」と安堵の表情。4強進出をかけて戦う相手は池田であり、初出場でもあるふたりの2年生の激突は楽しみな一戦だ。

 沖縄からベスト8に名乗りを上げたのは中屋敷勇人(沖縄尚学)。1回戦で難敵の松下龍馬(秀明英光)を8-6で下して勢いに乗った。4回戦は村田雄飛(清風)を8-5で押しきった。「まずはベスト8が目標だったのでうれしい。(沖縄尚学は)女子が強いので、男子も勝ててよかったです」と胸を張った。

画像: ベスト8を決めてガッツポーズの中屋敷(写真◎BBM)

ベスト8を決めてガッツポーズの中屋敷(写真◎BBM)

 中屋敷の準々決勝の相手は松田康希(湘南工大附)となる。松田は3回戦で東竜平(相生学院)を、4回戦では藤岡凌大(早稲田実業)を、ともに8-4で下しての準々決勝進出。4回戦では先にリードを奪われたが、集中力を上げて逆転勝利に結びつけた。

 第1シードの白石光(秀明八千代)は2年連続の8強入り。大田空(四日市工)との4回戦では1-5と押し込まれたものの、慌てることなく、追いつき、追い越した。「気持ちだけでした」と苦笑したが、これが白石の強さだろう。

画像: 試合後の握手をかわず白石(右)と大田(写真◎小山真司)

試合後の握手をかわず白石(右)と大田(写真◎小山真司)

 大会5日目となる8月6日は、男子は個人戦ダブルスの1~4回戦(準々決勝)が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われる。試合開始時間は9時の予定。

(編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、ベスト8を決めた瞬間の丸山隼弥(写真◎小山真司)

This article is a sponsored article by
''.