第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の大会5日目、男子は個人戦ダブルスの1~4回戦(準々決勝)が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われ、ベスト4が決まった。

 最初にベスト4入りを決めたのは、大植駿/村田雄飛の清風ペアだ。第1シードで昨年準優勝の阿多竜也/丸山隼弥(相生学院)との準々決勝は3-3から5ゲーム連取。怒濤の攻めで、近畿対決を8-3で制した。

「相手が強いのはわかっていたので、チャレンジャーのつもりで向かっていった」と大植が言えば、村田も「強気で戦うことができたし、(勢いに)乗っていけた」と喜びを語った。ふたりとも昨日のシングルスは4回戦で敗退。その悔しさをダブルスにぶつけて大きな勝利を手に入れた。

 松下龍馬/間仲啓(秀明英光)の2年生ペアは2年連続の4強進出。準々決勝は藤本拓/清原幹太(相生学院)にサービスブレークを許さず、8-5でものにした。

「試合を重ねるたびに調子が上がっていった」と松下。昨年は無欲の4強入りだったが、今年は「狙っての4強」ときっぱり。間仲も「うれしいです。無駄なミスが少なく、龍馬のポーチも冴えていた」と勝因を語った。

画像: 間仲(左)と松下の秀明英光ペア

間仲(左)と松下の秀明英光ペア

 相生学院はシングルスと同様、この日のダブルスでもベスト8のうち3枠を占めた。うち2組は敗れたが、高畑里玖/中村秋河は準々決勝で青木智寛/手塚有莉(文星芸大附)を8-3で下し、準決勝に駒を進めた。

 高畑/中村は1回戦、2回戦、ともにタイブレークを制しての勝ち上がり。1回戦では相手にマッチポイントを握られてからの勝利だった。「徐々に修正していくことができた」と声を揃え、序盤で苦しんだ分、3回戦、準々決勝は自分たちのプレーができた。

画像: 相生学院の高畑(右)/中村

相生学院の高畑(右)/中村

 最後にベスト4に飛び込んだのは、白石光/坂川広樹(秀明八千代)。団体で優勝を争った丹下将太/増尾健吾(早稲田実業)との準々決勝に9-7で勝利。3-6とリードを許してからの逆転勝利だった。

 白石も坂川もリターンを勝因に挙げた。「しびれる試合だったけれど、最後はリターンを修正できた」と坂川。白石も「リターンでセカンドをアタックできた」と口にした。白石は3冠(団体・個人単複)の可能性が残されており、「もちろん狙っています」と気を引き締めた。

画像: 白石/坂川(手前)の秀明八千代ペア

白石/坂川(手前)の秀明八千代ペア

 明日のダブルス準決勝は、大植/村田の清風ペアが白石/坂川と対戦し、高畑/中村の相生学院ペアは松下/間仲と戦う。東西対決2試合のセミファイナルとなった。

 大会6日目となる8月7日は、男女シングルス準々決勝、準決勝、男女ダブルス準決勝が3セットマッチで行われる。試合開始時間は9時の予定。

(編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、4強進出を決めて喜ぶ大植(右)/村田(清風) 写真◎小山真司

※東海インターハイの熱戦の模様は、8月21日発売の「テニスマガジン10月号」でも紹介します。

This article is a sponsored article by
''.