第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の大会5日目、女子は個人戦シングルスの1~4回戦が8ゲームズプロセット(8-8後はタイブレークを採用)で行われ、ベスト8が決まった。

 第1シードの吉岡希紗(四日市商)を3回戦で破った2年生の照井妃奈(札幌啓成)が続く4回戦で猪川結花(岡山学芸館)に9-8(1)と勝利。昨年のベスト32から今年は8強入りを決めた。

 得意の早いテンポから鋭いショットを打ち込み、吉岡との一戦では「とにかく必死についていき、少ないチャンスをしっかりと決められた」と照井。準々決勝以降も挑戦者の気持ちは変わらない。「自分の精一杯を出したい」と力強く語った。

 昨年と同様に準々決勝に勝ち上がったのは、阿部宏美(愛知啓成)、西郷里奈(秀明八千代)、齊藤唯(早稲田実業)の3人。その中でベスト4入りを経験する阿部は、1回戦から順に8-2、8-0、8-3、8-3のスコアで快勝。「第3シードもついていたので少し安心した」と表情も和らぐ。調子も上向きで、今日は強気な姿勢でプレーできた。

画像: 阿部は2年連続での8強入り 写真◎小山真司

阿部は2年連続での8強入り 写真◎小山真司

 押川千夏(仁愛女子)、渡邉早和子(新田)、坂本陽菜(宮崎日大)といった3年生たちも準々決勝に名を連ね、最後にベスト8に滑り込んだのは荒武芽菜(宮崎商)だった。3回戦で団体優勝の伊藤さつき(相生学院)に8-5で勝利し、8強決めでは湯浅里帆(前橋育英)と対戦した。相手のフラット気味の強打をうまくかわし、チャンスでは得意のフォアハンドで一閃。見事に準々決勝進出を決めた。

画像: 緩急を使ったテニスで8強入りを決めた荒武 写真◎小山真司

緩急を使ったテニスで8強入りを決めた荒武 写真◎小山真司

「ベスト8以上を目標にしていたので本当にうれしい。1年間やってきたことをぶつけて頑張りました」と荒武。宮崎日大の坂本とともに宮崎県からふたりの選手が準々決勝に駒を進めた。3年生6人、2年生は照井と齊藤の2人、1年生は残念ながらひとりも8強入りはならなかった。

 大会6日目の8月7日は、男女シングルスの準々決勝、準決勝、男女ダブルスの準決勝が霞ヶ浦テニスコート、四日市ドームで行われる。試合開始時間はともに9時の予定。

(編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、8強入りを決めた2年生の照井妃奈 写真◎小山真司

This article is a sponsored article by
''.