第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の大会6日目、男子は個人戦シングルスの準々決勝、準決勝、個人戦ダブルス準決勝が3セットマッチで行われた。

 先に決勝の舞台に駆け上がったのは、第1シードの白石光(秀明八千代)だった。高畑里玖(相生学院)との準々決勝を6-0 4-6 6-3で制すると、松田康希(湘南工大附)との準決勝は3-6 6-0 6-1。フルセットにもつれた2試合を、しっかりとものにした。

 競り合うことになっても、絶対に負けない。白石のプレーからは、そんな強い気持ちが感じられる。粘り強く返球しながらチャンスを待ち、ここぞというポイントで攻め込んでいく。「追い込まれたほうが、自分の持ち味が出る」と白石。昨年のベスト4を上回る決勝進出を手に入れた。

 松田は中屋敷勇人(沖縄尚学)をストレートで下しての準決勝進出。しかし、白石には悔しい逆転負け。「第2セットからは(白石が)しつこくなり、我慢できなくなって先にミスが出た」と松田。それでも昨年の1回戦敗退からはジャンプアップだろう。4強入りには「うれしい気持ちと悔しい気持ちの半々です」と口にした。

画像: 4強入りの松田(湘南工大附)

4強入りの松田(湘南工大附)

 もう一方の準決勝は、池田朋弥(誉)と丸山隼弥(相生学院)の対戦となり、丸山が6-7(5) 6-3 6-4で勝利した。丸山は準々決勝でダブルスのパートナーでもある阿多竜也(相生学院)を7-6(3) 6-2で下しての勝ち上がりだった。

 2日前に無欲のベスト8入りを果たした丸山が、この日もチャレンジャー精神を持って2試合を勝ち抜いた。池田との準決勝は最終セット1-3から4ゲーム連取で5-3とし、最後は相手のミスを誘って6-4で逃げきった。

画像: 決勝進出を決めてガッツポーズの丸山(相生学院)

決勝進出を決めてガッツポーズの丸山(相生学院)

「最後までリラックスして戦うことができた」と丸山が言う。まさかここまで勝ち上がるとは思ってもいなかったのだろう。無駄な力が抜け、のびのびとプレーできている。得意のストローク戦でリズムをつくり、着々とポイントを重ね、本人も驚きの決勝進出だ。

「むちゃくちゃ悔しいです。最後は自分から崩れてしまった」と池田。齋藤惠佑(日出)との大一番を7-6(2) 6-3で制したものの、丸山の安定したプレーに最後は根負けしてしまった。「もう少し踏ん張りたかった。そこが課題です」と悔しさいっぱいのベスト4だった。

画像: ダイナミックなプレーで魅せた池田(誉)

ダイナミックなプレーで魅せた池田(誉)

 ダブルス準決勝は、第2シードで昨年ベスト4の松下龍馬/間仲啓(秀明英光)が高畑里玖/中村秋河(相生学院)を7-6(6) 6-2で下して決勝進出。もう一方の準決勝は、白石光/坂川広樹(秀明八千代)が大植駿/村田雄飛(清風)を6-2 6-2で退けた。

 白石には3冠(団体・個人単複で優勝)の可能性がある。明日のシングルとダブルスで優勝すれば、昨年の菊地裕太(相生学院)に続いて男子では史上19人目の3冠王者誕生となる。

 8月8日の大会最終日は、男女ともに個人戦シングルス、ダブルス決勝が行われる。試合開始時間は9時の予定。

(編集部◎牧野 正)

※トップ写真は、決勝進出を決めた第1シードの白石光(秀明八千代) 写真◎小山真司

This article is a sponsored article by
''.