第75回全国高等学校対抗テニス大会および第108回全国高等学校テニス選手権大会(東海インターハイ・テニス競技/8月2~4日団体戦、5~8日個人戦/霞ヶ浦テニスコート、四日市ドーム、三滝テニスコート)の大会6日目、女子は個人戦シングルスの準々決勝、準決勝、個人戦ダブルス準決勝が3セットマッチで行われた。

 押川千夏(仁愛女子)は、準々決勝で荒武芽菜(宮崎商)を6-1 6-1で下し、準決勝で渡邉早和子(新田)を6-2 6-2で一蹴。仁愛女子としては6年前に日本一に輝いた林恵里奈以来となる決勝進出を果たした。

「バックハンドのラリーでしっかりとポイントがとれた」と押川。得意とする展開から試合の主導権を最後まで握った。個人では全国大会初の決勝の舞台。うれしさと同時に驚きも隠せないが、明日の大一番に向けては「思いきりプレーしていきたい」と意気込みを語った。

画像: ストロークの安定感が光る押川(左) 写真◎BBM

ストロークの安定感が光る押川(左) 写真◎BBM

 準決勝で敗れた渡邉だが「こんなに勝ち上がれたことはない」と明るい表情。自分のプレーもでき、試合にも勝つことができた今大会は、テニスの楽しさをより知る機会となった。快進撃は2回戦から。今まで未勝利の相手だった倉橋奈摘(野田学園)に1-4から逆転勝ちを収めて勢いづいた。準決勝は体力負けに終わったものの、「もっともっと強くなりたい」と前を向いた。

画像: オールラウンドなプレーで全国初の4強入りを果たした渡邉 写真◎小山真司

オールラウンドなプレーで全国初の4強入りを果たした渡邉 写真◎小山真司

 もう一方のファイナリストは阿部宏美(愛知啓成)。準々決勝は168cmのレフティー、坂本陽菜(宮崎日大)を6-1 3-6 6-0と退け、準決勝は選抜の個人戦で敗れた齊藤唯(早稲田実業)に6-0 6-1と完勝し、明日の決勝へと駒を進めた。

 個人戦シングルスが始まった昨日から太ももに痛みがあるという阿部。足の状態は良好とはいえないが、応援に駆け付けてくれた人のためにも最後までプレーする覚悟で準々決勝のコートに立った。今日のプレーは満足のいくものではないが、それでも「目標としていた決勝にいけてうれしい」と笑顔で語った。

 準々決勝で関東大会の覇者、西郷里奈(秀明八千代)と3時間半を超える熱戦に勝利した齊藤唯(早稲田実業)だが、準決勝までの休憩の中でしっかりと気持ちを切り替えられず「体も限界だった」とうつむく。今年は優勝を狙っただけに失望もあるが、「全体的に見ると達成感もある。この結果を自信にしたい」と顔を上げた。

画像: 昨年のベスト8を上回る結果を残した齊藤 写真◎小山真司

昨年のベスト8を上回る結果を残した齊藤 写真◎小山真司

 ダブルスの準決勝2試合も行われ、伊藤さつき/中島美夢(相生学院)が山口みやび/宗和美波(野田学園)に3-6 6-3 6-2と逆転勝ち。石川琴実/野口綾那(白鵬女子)は矢﨑梓紗/足立理帆(山村学園)に6-2 6-1とストレート勝利を収め、関東勢対決を制した。決勝は伊藤/中島vs石川/野口となった。

 8月8日の大会最終日は、男女ともに個人戦シングルス、ダブルス決勝が行われる。試合開始時間は9時の予定。

(編集部◎中野恵太)

※トップ写真は、決勝進出を決めた阿部宏美(愛知啓成) 写真◎小山真司

This article is a sponsored article by
''.